Jr.コング

第二次中央大陸戦争の帝国ゾイドと言えばデスザウラーですが、もう一つ忘れてはならないが名参謀・アイアンコングMK-II量産型であります。
ゴジュラスMK-II量産型は負けばかりでしたが、コング量産型はけっこう勝ちが多い。
負ける時も、マッドサンダーが相手だったなど仕方ないと思えるものが多い。それも救われている気がする。

さてそんなコングMK-IIですが、登場数の多いゾイドなので、バトリサ2巻の戦場画像でも積極的に出していきたい所です。
そんなわけで、


Jr.ゾイドを引っ張り出してきました。

Jr.ゾイドとは、当時販売されていた廉価版ゾイドです。
大きさはハンマーロックくらい。


動力は持ちませんが、造形は割と良い感じです。
肩とミサイルが黄色いのは惜しいなぁ…。

さて、Jr.ゾイドは動力はありませんが、可動フィギュアになっています。


このように、腕と足は手動でポーズをつけることが出来ます。
近年の可動フィギュアに比べれば笑っちゃうような可動ですが(特に腕・脚が「ハ」に出来ないのは辛い)、それでも貴重です。
バトリサの戦場写真では大いに活躍して頂こうと思っています。
(こういった可動ができないゾイドだと、ポーズ付けが本当に手間なのだ。この程度の可動でも本当に助かる)

ちなみに同じくJr.ゾイドのウルトラザウルス(未所持)も首の可動が可能で、PSゾイドの勝利の雄たけびを再現できたりするそうです。
Jr.ゾイドのウルトラはどえらぃプレミアになってるのですが、いつか入手したいなぁ。

Jr.ゾイドは全部で6種類出ていて、
●ゴジュラス(よく見る)
●アイアンコング(よく見る)
●ゴジュラス・アイアンコングセット(よく見る。セットなのに単品ずつで揃えるより高額になる謎商品)
●ゴジュラスMK-II量産型(めったに見ない)
●アイアンコングMK-II量産型(よく見る)
●ウルトラザウルス(めったに見ない)
というラインナップです。
バトストの遠景でも頻繁に使用されているので、注目してみると面白いですぞ。

周辺アイテムなので入手の優先度は下げているんですが、ゴジュラスMK-II量産型とウルトラザウルスはそのうち手に入れたいなぁと思っています。
ウルトラはともかく、ゴジュラスMK-II量産型が稀少なのは何でだろうなぁ…。


~Jr.コングで戦場写真~
上で「戦場写真に使う」と言ったJr.ゾイドですが、さっそく一枚作ってみます。


ポーズをつけて写真を撮り…、


色を補正すると、おぉ。造形が良いので十分に使用できる感じですね。


そんでもってこんな風に使用します。
(コング量産型は勝ちが多いと書いた矢先に負けシーンを作ってしまった…)

他にも積極活用していきたい感じです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント