ゴジュラスとアイアンコング

昨日の記事で「アイアンコングMK-II量産型ってそんなに勝ちが多いの?」というコメントを頂きましたので、その辺について書いてみます!

さて、活躍度合いを10段階で言うなら、ゴジュラスはノーマル時は文句なく10だったと思います。
MK-II限定型も9か10位あるんじゃないかなと思います。
そしてMK-II量産型は1か2位じゃないかな…。

対してアイアンコングはノーマル時で7くらいじゃないかなと思います。
MK-II限定型も6か7位じゃないかな。
そしてMK-II量産型ですが、これも6か7位じゃないかなと思います。

ゴジュラスとコングを比べて思うのは、ゴジュラスは本当に没落した…。
しかしアイアンコングは初登場から終わりまで、さほど没落せず一貫して強力機として描かれたという印象です。

アイアンコングは、私が思うに法則がある。
それはノーマルでもMK-II限定でも量産でも、特殊改造タイプでもあまり変わらない、アイアンコング一族に課された宿命のように感じるものがあります。
それは、「アイアンコングは最初は優勢だが最終的にやられる」という事です。

ノーマル時、ゴジュラス部隊を相手に最初は優勢だったものの最終的に格闘戦に突入し敗北した。
MK-II限定型は、大氷原の戦いでウルトラを翻弄しつつも最終的に敗北した。

MK-II量産型もそう。
バトスト3巻では、進撃する共和国部隊を包囲し全滅一歩手前まで追い込む姿が描かれている。
しかし、後にケンタウロスが救援に来たので無残に敗北している。

この法則は学年誌記事でも同じで、「ベアファイターを倒したけどディバイソンに報復される」とかがあります。
改造タイプもやはり同じで、「塔の上の悪魔」や「ブラックコング」を見てもやはり、最初は優勢だが最終的にやられる事が多い…。
しかし驚くべきは、かなり後の時代においても「最初は優勢」を保てている事ですね。
新バトストには未収録ですが、ゴッドカイザー&オルディオスを迎え撃ち勝つ一歩手前まで追い込んだ事もある。
恐るべきコングの能力・・・。

さて、そんなわけで「最初は優勢」である事が多いです。
この部分に限れば結構多くのゾイドを破壊していたりするわけで、なのでけっこう「勝ちが多い」印象があるのがアイアンコングです。
ゴジュラスMK-IIは「ただただやられるだけ」なのに対し、アイアンコングは「やばい!」と思わせて、しかし最終的には敗北する感じ。

そして数こそ少ないですが、上記の法則を覆して「勝ったまま終わる」ものも少数ながらあるし、やはりコングは偉いなあと思います。

余談ですが、新世紀でも上記法則はかなり受け継がれているんじゃないかな。
アイアンコングPKの描写などはまさにその通りだと思うのですが…。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント