オルディオスがギル・ベイダーに勝ちガン・ギャラドに負ける話

オルディオスの記事でコメントが沢山!
賛否はあれど注目度の非常に高いゾイドである事を改めて思い知りました。
そんな中、興味深いコメントも頂きましたので、今回はそれについて。

頂いたコメントを抜粋いたします。
----------
ゾイド末期は設定と描写が混迷としていますね。
オルディオスはギルベイダーに総合力で大きく劣るはずなのに勝利する描写が多く、ギルベイダーに劣るはずのガンギャラドに苦戦するとか不自然な印象が強いです。
この辺りの考察を一度してみたいです。ギルベイダーの対策ができたから有利に戦えたが、ガンギャラドは新しいから対策ができず苦戦したくらいしか思い付きませんが。

----------

という事で今日はこの辺を考えてみます。
確かに、ガン・ギャラドはギル・ベイダーより格下のゾイド。
だけども少なくとも互角以上に戦っています。
学年誌では3度戦っている姿を確認しましたが、
・圧勝1
・押し気味1 ※最終的な勝敗は不明だがおそらくその後の描写からして勝ってる。
・勝敗不明1 ※ガン・ギャラドの火炎放射を受けながらもオルディオスが突撃していた。
というもので、うーん。ガン・ギャラド強し。

これは「相性」なのかなぁと思いました。

暗黒大陸編の共和国空軍の主力はサラマンダーF2です。これをゼロ戦のような「制空戦闘機」に例えようと思います。
制空戦闘機というのは一帯の制空を確保する…、すなわち敵戦闘機を排除する対戦闘機戦を主目的とした機です。
対戦闘機戦が主目的なので、格闘戦にとても強い。
甲戦とも呼ばれます。

さてサラマンダーF2をゼロ戦に例えるなら、ギル・ベイダーはB-29に例えられると思います。「超重爆撃機」です。
B-29は凄まじい積載量を誇り敵地を文字通り火の海に変えてしまう戦慄の機です。
これはギルの性能にとても似ている。共和国首都爆撃を思い出されたし。
ところでB-29を「重爆撃機」ではなく「"超"重爆撃機」と書いていますが、これはその性能ゆえです。
普通の爆撃機は戦闘機に襲われれば分が悪い。デカくて速度も運動性も低いので当然である。
…のですが、B-29は反則的な性能を持ちます。

まず、速度が爆撃機としては凄く早い。ゼロ戦より速い。
次に、高高度性能が凄い。高度1万mくらいを悠々と飛ぶ。ゼロ戦はその辺の高度だと浮いているのがやっとで能力をロクに発揮できない。

そして、何といっても防御力の高さである。
ゼロ戦の20mm機関砲は同クラスの戦闘機に当てれば、一発で撃墜できるほどの威力を誇ります(当然、当たり所にもよるが)。
大型爆撃機でも、これを受ければ危うい。
が、B-29はとんでもない防御力を誇り、この20mm機関砲を明らかに受けながらも悠々と飛び続けたそうだ。
また燃料タンクを撃ち抜き発火させても、自動消火装置ですぐさま消して何事も無かったように飛び続けたり。
凄まじい防御力です。
この重防御は、サラマンダーF2に追尾され明らかにレーザー砲の命中を受けながらも悠々と基地に帰還したエピソード(新バトスト・黄金の翼は帰らず)を思わせる。

防御力の高さというのはもう一要素あって、B-29は防護火器が凄い事になっている。
例えば日本軍の爆撃機「四式重爆」の防護火器は下図の通りである。


砲は5門。敵戦闘機を迎え撃つにはやや心もとない。死角も多い。
「5門もあるじゃねーか」と思われるかもしれませんが、実は爆撃機の砲というのは命中率が極めて悪い。
操縦士と砲手が異なっており、機の動きが分からない中で撃たなきゃいけないからだ。
だからこんなのじゃ全然足りない。
しかし、かといって火器を増やせば重くなり飛行性能が低下してしまうので無理である。
(ちなみに四式重爆は日本軍の爆撃機としては傑作機である)

一方、B-29の防護火器は下図の通り。


13門。倍以上ある(連装砲だからでもあるのだが)。これだけあるから死角も極めて少ない。
しかも、有効性はそれに留まらない。
先ほど爆撃機の砲は命中率が極めて悪いと書いたが、B-29は例外で極めて命中率が高かった。
というのも、B29の砲の大半は全周囲に旋回可能な上、最新システムを搭載していた。
全周囲に旋回可能な事が有効な事は言うまでもない(四式重爆の砲座も動くが”ある程度”に過ぎない)。

最新システムについては更に凄い。最新式の火器管制装置を持ち、これは「目標を照準機に捉えいちどスイッチを押せば、その後はコンピュータが自動的に敵機自機の位置関係を修正しながら射撃を行ってくれる」という凄まじいものであった。
すごい門数で凄い命中率を誇るので、攻撃する為に近づいたら逆に返り討ちになる事も多かった。

あと配置も極めて優れていたりするのだが、この辺は略する。
まぁ、ともかく防護火器による攻撃力が凄かった。
この従来機とは次元の違う極めて高い攻撃力もまた、ギル・ベイダーを思わせる。

という事でギル・ベイダーは超重爆であると思います。
基本的には爆撃こそが主任務であるが、その有り余る高性能から対戦闘機戦でも驚異的な能力を発揮する(もちろん対地能力も)という感じ。

ではオルディオスは何かというと、雷電や鐘軌のような「局地戦闘機」に当たると思います。
(雷電や鐘軌より、むしろ震電に例えるべきかもしれない)
局地戦闘機というのは制空戦闘機(甲戦)に対し乙戦とも呼ばれる。
火力・速度・上昇力に優れた性能を持ち、侵攻してくる敵を迎え撃つインターセプターの役割を担います。

制空戦闘機は一帯の制空を確保するのが目的だから、当然、格闘戦に強い。
対し局地戦闘機は、侵攻する敵を迎え撃つのだから、いち早く現場(戦闘空域)に到達する為に、速度と上昇力が最も大事である。
敵の侵攻は、戦闘機だけでなく攻撃機や爆撃機を伴う事がほとんどだ。だから大火力も求められる。
大火力があるから対爆撃機能力に秀でる。
ゼロ戦でB-29を墜とすのは難しかったが、雷電や鐘軌ならそこそこ善戦している。
一方で、当然ながら速度や上昇力重視なので対戦闘機能力では制空戦闘機に劣り苦戦するものである。

図式。

極めて簡潔にまとめると、こういう事になります。

さて、ゾイドに話を戻そう。
ギル・ベイダーは超重爆、オルディオスは局地戦闘機であると判断した。
ではガン・ギャラドは何かというと、これは制空戦闘機であろう。
ギル・ベイダーを護衛する制空戦闘機として出撃し、迎撃する局地戦闘機オルディオスを排除する運用が主目的であると思います。
ガン・ギャラドはこれまでの例えから言うと、P-51ムスタングあるいはF8Fベアキャットのような位置であると思います。

基本能力と機体の性格をいまいちど例えると、
サラマンダーF2:制空戦闘機・ゼロ戦
ギル・ベイダー:超重爆撃機・B-29
オルディオス:局地戦闘機・雷電
ガン・ギャラド:制空戦闘機・P-51ムスタングあるいはF8Fベアキャット
のような関係だと思いました。

表も作ってみる。



という事で太平洋戦争当時の各機を挙げた使った分かりにくい例えになったと思いますが、そんな風に解釈しています。
ここで挙げた各機はすごく魅力的で興味深いものばかり。
あと、太平洋戦争の各作戦(特にヨーロッパ戦線)はゾイドにも多大な影響を与えているので、掘り下げてみるととても面白く興味深いと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント