武装配置の話

昨日の記事でギル・ベイダーやオルディオスについて書きました。
さて、ところで、ギル・ベイダーの武装配置を見ていると前方に集中しているのが面白いなと思いました。


前に向けて撃つものばかり。後方は切断翼のみか…。また、側面は攻撃できない。
ちなみに、グレードアップユニットを付ける事も出来る機体ですが、基本的に「前を向けて」付けるようになっています。
(後ろ向きに付ける事もできるが、劇中でグレードアップを付けた機体は全て「前向きに」付けていた)

…ところで、余談。

スイッチ近くにあるこれが6連装ミサイルみたいに見えるんですが、これが一体何かは特に設定されないんだよなぁ…。
何だろう。
まぁ、ともかく今回は「これは武器じゃない」として進めます。
余談終わり。

さて、ギルは爆撃機であると推測したわけですが、爆撃機としては前方に武装を集中するのは珍しい事です。
これについて少し考えます。

爆撃機はデカいので撃たれやすいものです。その能力から言っても、優先目標になりやすい。
そして爆撃機への攻撃ですが、最も多いのは後方からの攻撃です。
それはなぜか。

まず、側面から攻めるのは難しい。

一見、ギルは横に向けて撃てる武器を持たないので有効そうに見えますが、イメージしてみると難しい事が分かるはずです。
飛行機というのは凄い速さで飛んでいるのだから、タイミングがズレたら攻撃できないのです。


側面から攻撃しようとしても、こういう風になってしまう場合がほとんど。


前方から攻めるのはパイロットを直接狙えるので有効ですが、向かい合って飛ぶのだから、一瞬ですれ違う。

射撃可能な時間はわずかで、その瞬間に落とすのはやはり難しい。
あと、空中衝突を直前で回避する必要もあります。

では最も有効なのは何かというと、これはもう後方からです。

追いかけながら撃つので長時間にわたり撃てるわけですね。

そんなわけで、爆撃機は後方から撃ってくる戦闘機を排除する為の火器がとても重要です。
ですが、ギルは後方への備えが無い。何故だろう。

これを考えた時、ギルのM4.0という速度だろうなーと思いました。
全飛行ゾイドで最も早いギルだから、後方に付かれてもすぐに離脱できるのだろう。
最悪、数発くらい喰らっても、まぁ致命傷になる事はほぼないだろうから という防御力に頼った思想もあると思う。
という事で、ギルは爆撃機ながら後方への備え…「防衛火器」があまり必要でない。
だから装備に余裕があり、「攻撃火器」を、狙いを付けやすい前方に集中配置したのだろうなあと思いました。


という事で他の機体も幾つか考えてみよう。ついでなので爆撃機だけじゃなく戦闘機もみたい。

サラマンダーも後方に向けた火器がありませんが、やはりこの時代に帝国が飛行ゾイドを保有しなかったから不要だったのだろう。
同時期にシンカーが就役していますが、まぁ、シンカーだったら速度差が大き。万一、後方に付かれても離脱が容易なんだろうなあと思います。

共和国飛行ゾイドで唯一後方への射撃能力を持つのはレイノスです。
なるほど、これを考えると、やっぱりレドラーに確実な優位を示すには、後方への攻撃もできなきゃまずかったのかもしれない。
そんな風に思いました。
レドラーは本当に偉大な名機だと思います。

という事で武装配置に注目するのも面白いなーと思いました。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント