暗黒化問題

先日、バトリサ3巻のカラーページに関し旧ゼネバス帝国ゾイド勢を「暗黒化するかキットカラーのままで据え置くか」の問題に関する相談を致しました。
沢山のレスをありがとうございます!
今回は更なる悩みや、結局どうするかについて書いて見たいと思います。

多く頂いたのが「確認されているもののみ暗黒カラー」「確認されていないのは旧帝国カラー」でしたが、これは極めて難しい問題です。

当時資料の内で、暗黒化カラーが確認されているのは[アイアンコング][デスザウラー][レドラー][ライジャー]の四機です。
逆に言えば、[ウオディック][ブラックライモス][ブラキオス][ディメトロドン][グレートサーベル]は暗黒化が確認できていない。
(ブラックライモスとグレートサーベルは、旧帝国カラーでの戦闘は確認されます)
では、確認できる四機を暗黒化カラーにし残りを旧帝国カラーにするのかと言えば・・・、この辺りが何ていうか難しいんですよねぇ。
主に二点からたいへん悩みます。

※※※※※※※※※※
[当時資料]という言葉を使用しましたが、ここについて少し補足。
●バトリサは、基本的には1983年4月~1991年3月末まで(リアルタイムでメカ生体ゾイドが連続展開していた時期)の資料だけを使うスタイルです。
 この時期の資料を「主」としています。

●上記以外の期間…、要はリバセンや新世紀やZEVLEやパンツァーティーアやetc.…の資料は基本的に意識しません。
 ですが、上手くクロスさせることができて「押し付けがましくない程度にニヤリとできる」ものがあれば採用します。
 この時期の資料は「従」ですね。

例えば2巻ではメタルライモスのようなカラーのブラックライモスの戦場写真を出しています。

これは、メカ生体ゾイドのてれびくんバトストに「試作機」として未塗装のライモスが出てきて、そのカラーがまさにメタルライモスと同じだったので出したわけです。

根本的にメカ生体時代の資料として矛盾が無いものである(主)が、新世紀ゾイドを知る者が見たらニヤリとするものでもある(従)という感じですね。

後付けのものを意識しすぎると、「ニヤリ」を通り越してリメイクものにありがちな「あざとさ」になってしまうと思います。
ですが、上手く使い「ニヤリ」と出来るように昇華できれば最高です。
後発の資料に関しては囚われすぎないように、しかしながら積極的に使用できればと思っています。
※※※※※※※※※※

さて本題に戻ります。
「確認されているもののみ暗黒カラー」「確認されていないのは旧帝国カラー」こう考えるなら問題は二点…。

一つ目:
デス、レドラーは暗黒化カラーが確認できますが、厳密に言うとそれらは「デスエイリアン」や「デスクラッシャー」といった特殊改造機です。

ノーマルタイプと全く同一の形状でカラー変更されたデスザウラーやレドラーは、実は確認できない…。
(逆に、ノーマル形状で旧帝国カラーのままの機体は多数確認できる。特にレドラーは一度だけ黒いカラーで登場したが後はすべてピンクレッドのままだった)
こんな風に考えると、「暗黒化カラーが確認される」を、どこまでのラインにするかが難しい気がします。

ただし、コングとライジャーはノーマルと同じ形状でカラー変更がされた機も確認していますが。

二つ目:
バトリサの大前提ですが「戦場は膨大で、本書に収録されていたい幾多の戦いがあったのは言うまでもない」としております。実際そうでありましょう。
学年誌はかなりの資料が収録されていますが、とはいえ全てが収録されているわけではない。やはり知られざる幾多の戦いがあった筈である。
こう考えると、「確認できたカラーのみ暗黒カラーで収録する」事に迷いが生じます。

つまり「確認できたもの以外にも、まだまだ戦場は膨大である」のだから、「各地には色々な部隊カラーをまとった旧帝国ゾイドが居た筈である」すなわち「中には暗黒カラーで戦った旧帝国ゾイドも居ただろう」と確信的に考えられる。
(リバセンで限定発売された暗黒化キット各もそういった部隊の機体と捕らえても良いかもしれない)
だから、全機を暗黒化カラーで収録しても良い気がします。

あとは心情的な問題なんですが、ブラックライモスをぜひ黒と緑にしたいのですね。というのも戦車ゾイドであります。
「重戦車ダーク・ホーンと同一のカラーをまとった軽戦車ブラックライモス」は極めて絵になると思います。

しかし、一方で、「本書は確認した資料を基に構成している」というのも大前提です。なので、確信的推測として暗黒化カラーが居たと思えるとしても、安易に収録するのを躊躇ってしまう所もある。
なのでやはり[確認できたもののみ]のスタイルが良いのかもしれない との思いもなかなか捨てきれない。

いやあ、実に難しいですね!!!!
どっちにすれば良いのだよ。

さて、
で、結局どうすんのという所ですが、巻頭カラーページで作業を詰まらせるわけにも行かないのでサクッと決めます。
結論としては、

●確認できていない機も含め黒と緑の暗黒カラーで収録する
 やはり暗黒カラーでズラリと並べたいというファン心理が強いだろう(というか自分が見たい)という想いです。

●しかし、可能な限り旧帝国カラー(キットそのまま)のカラーも同時に収録する
 比較ができればより面白いはずです。

●収録にあたっては、カラーに関する解説も併記する

の三点で進めようと思います。

ただしこの構成を実現するためには2巻のような「左1ページ共和国ゾイド・右1ページ帝国ゾイド」では明らかにスペースが足りない…。
なのでカラーページを増やし「2ページ(見開き)を使い共和国ゾイド」「次の2ページに暗黒ゾイド」という構成にしたいと思います。
2ページ構成にすれば、さすがにスペースに余裕ができ解説を入れるスペースも若干は確保できるだろう…。
共和国側にも余裕が出ると思うので、そこは「何故この時代に帝国の象徴食である所の赤を使用したゾイドがいたのか」等についての解説を入れられれば良いかな? と思っています。

カラーページを増やすと一気に製本代が上がるのですが……、まぁ、うん。そこはメカ生体ゾイドのゾイド戦役最終局面を扱う三巻なので奮発したいです。
本全体の総ページ数としては2巻以上になる事はありえません。おそらくですが1巻と同程度かやや増くらいになると思います。
なので、価格としてはカラーページ増と全体ページ数の兼ね合いから、1,2巻の中間程度になるのかなと思っています(1巻と同じにまで抑えるのはちと厳しいです、、。実は1巻再生版も1500円に据え置いていますがカラーページが増えた関係でけっこうカツカツです)。
これは現時点での暫定的な目算ですが、いずれにしろ2巻の価格を越える事はないようにします。
その範囲内で最大限に豪華にしたいと思っていますので、そんな感じでよろしくお願い致します。


さてさて、暗黒化カラーですが、ひとまずこのように決定し進みます。
ただ、「暗黒化カラーを作る」と言っても、それはそれでなかなか難しい問題があったりします。
それについてはまた次回…。
いやぁ、しかし難しい問題ですが良いものに仕上げたいのでやりがいがあります。やはりこういう作業は面白い!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント