MPシールドデザインの事

連日ですが、やっぱり良いのぅ…。

個人的にですが、このようなあおり気味のアングルの場合、前脚をひいたポーズにするのが好きです。


パッケージの機は脚を前に出した感じ。

個人的にゾイドあるあるだと思ってるんですが、ゾイドは各人毎に「この脚の位置がカッコいいんじゃい!」な瞬間があると思います。
その瞬間でスイッチを切る事に死力した思い出を持つゾイダーは多いはず・・・。
余談。
ゼンマイゾイドは、この「思い通りのポーズの瞬間に停止させる」事がとても難しい。
個人的にブラキオスは首を起こした位置が好きなんですが、たいてい下がった状態で止まる。かなしぃ…。

左が理想。右がこの位置で止まりやすい。

電動ゾイドは、脚に加えて口を開けた時か閉じた時、どちらでスイッチを切るかも重要なテーマです。
マニアックですが、そのうちこのポーズでスイッチを切るのが好き!のアンケをやっても面白いかも…。


さて、MPの話に戻る。
デザインもギミックも飽きないです。
歩行ギミックは足の動きが素晴らしい(特に足首)というのもあるんですが、実際に動かして想像以上に凄かったのは足音ギミック。
ズシィーン… ズシィーン… という金属的かつ大重量を思わせる足音が足の動きに合わせて鳴るんですが、これは良いですね。
アニメ以降のゾイドは「瞬足」な部分が強調されていると感じますが、ゾイドは「デカい」事も大きな魅力だと思います。
今回のシールドライガーが高速機ながらにして重量を強く感じさせるギミックを搭載しているのは嬉しいなぁ! と思いました。

一方で、

元のシールドライガーの良さも再確認しています。
コメ欄でも同様の内容を頂きましたが、MP版シールドライガーを見ていると、元のシールドライガーの良さを再確認できます。
そして元のシールドライガーを見ていると、MP版シールドライガーの新化がより分かり、ますます好きになる!
今回のモデルの凄いのは、単体のキットとして魅力的な事はもちろん、元キットと一緒に並べ、デザインの差を見比べたりギミックを比べたりする事で、互いが相乗効果でよりよく見えるという事です。
MP版のデザインはアレンジも強いですが、元のデザインを一切否定していないというか、そこがとても好き。
だからこそ並べると互いがより良く見える相乗効果が発揮されるのかなと思いました。

むろん上記は保守的な意見でもありましょう。
また、アレンジの激しいHMMやThreeZeroのデザインを否定しているわけではありません念の為。
ただ、本家トミー(タカラトミー)が出した進化版ゾイドとしてこのようなデザインになっている事に改めて喜びを感じているという感じです。

セイバータイガーも今から楽しみで仕方がない!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント