超超超巨大ゾイド

ふと思いついた小ネタです。
さて、こちらは割と有名な画像だと思います。


「帝国軍新型ゾイド(後のデスザウラー)の部品を入手した共和国軍は、それをコンピューターで解析する。はたして導かれた予想図は、ゴジュラスを大きく超える超巨大ゾイドであった…」
というシーンです。

この予想図を見ると、デスザウラーがかなり大きい。
しかしながら出来上がった実際のデスザウラーは、



予想データほどの大きさは無く、ゴジュラスとあんまり変わらない姿なんですね。
スラリとした姿は実際以上に大きく見えますが、高さは予想図と違いゴジュラスとあまり変わらない。
これは、「出来るだけコンパクトで高性能な仕上げをする帝国」という事でありましょう。

・・・ですが、ちょっと飛躍して考えてみたい とも思います。
デスザウラーは、ゴジュラスに比べて小顔です。

もし、デスザウラーがゴジュラスと同程度の顔の大きさがあれば。
その顔を基準に体全体を大きくして見ると…、



目分量ですが、だいたい顔の大きさを同じにしてみました。
顔にあわせて体全体も大きくしています。
すると、だいたい、予想図と同じくらいの大きさになった!
もしかすると、当初はデスザウラーは実際のキットよりも大きなサイズで出すつもりだったのかなぁ…と思いました。
この大きさは、



後のキングゴジュラスとほぼ一致する大きさです。
もしかすると、当初はキングゴジュラス級の超超特大キットとしてリリースする予定だったのかもしれないなぁ…。
なんて思いました。

ところで、


キングゴジュラスも、割と小顔なゾイドです。
…デスザウラーで試したように、もしも顔の大きさがゴジュラスと同じ位だったらどうなっていただろう と試してみました。



で、でかぁ。キンゴジュも、理想としてはこの位のサイズで出したかったのかなぁと思いました。
いや、現状でも十分にでかいですけども。

というわけで、



実際の大きさはこんな感じですが、製作者側の理想としては、



こんな感じなのかなぁと思ったりしました。

あとは妄想ですが、以下の事も思いました。
通常、大型になる程、動きは緩慢になりがちです。
バトスト2巻付属の漫画「トップハンター」にて、当初はトビー・ダンカンはデスザウラーを上手く操縦できず「のろまな」感じでしか動かせない描写がありました。

当初のデスザウラーは、やはり最初の予想図の通りの大きさで完成していて、大きすぎる事から操縦性に難があった。
トビーは、それをエースならではの卓越した操縦でカバーし見事に扱った。
結果としてデスザウラーは超強力機と判定され制式採用が決まった。
しかし、トビー以外のパイロットに同じ操縦ができるか?
量産化にあたっては、デスザウラーを見事に操れるパイロットは極めて少ないと考えられた。
そこで、量産を前にデスザウラーには調整が加えられた。
小型化が行われゴジュラスと大差ないまでになったのである。
小型化によりテスト機よりはややパワーが落ちたが、動きは機敏になり何より多くのパイロットが扱えるようになった。
またパワーが落ちたといってもゴジュラスを大きく上回る数値を維持しているのは当然である。
(トビー仕様のみはテストに使われた機をそのまま引き継いでいるので大サイズのままで実戦を戦った)

我々がキットとして手にしているデスザウラーは、そのような量産タイプである…。
とか考えても面白いのかなー と思ったりしました。

デスザウラーといえば、最終的にはギル・ベイダーとの融合を果たした最強合体ゾイド「ギル・ザウラー」になり、キングゴジュラスと最終決戦をした事でも有名です。
その際、一時的に、ではありますがキングゴジュラスを追い詰めるまで善戦します。
普通に考えると、いまさらデスザウラーが改造されたところでキングゴジュラスに敵うはずはない…となるんですが、もしかしたら今回妄想した大サイズの方の(キンゴジュと同サイズの)デスザウラーなら善戦できるかも…。
その辺を含めて妄想するとさらに楽しいかな、とも思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント