共和国側MK-II

先日の記事で帝国軍ゾイドの恐るべき発展性について書きましたが、コメ欄でたいへん興味深く深い意見を幾つも頂きました!!ぜひぜひご覧くださいませ。
その中で多く寄せられた印象的な意見は、
「帝国機の見事な発展性は国力の低さゆえではないか」
というものでした。

確かに…。
国力が低いから強いゾイドが必須であったというのは納得ですね。
もともと当然ではあるが優劣があるわけじゃなく同じような人が住んでいるわけだから、技術差は「それを強く求める条件があったから」と考えるとより深いですねぇ。

共和国は、生産性やパイロットで上回るから、数で押し切れる…。だから個の能力はそこまで求められず…。
ただし、いくら頑張っても結局は国力が高い方が技術でも上回っちゃうことはままあったりします、、、。
やっぱり開発にかけられる費用が桁違いなので…、
かたや貧国が全力で技術を磨く。でも、貧国としては大規模な開発費用をかけたつもりだったけど、大国がその気になってちょっと力をかければすぐに上回ったりしますからねぇ、、、、。
開戦時にはP-40やF4Fしかなかったのに、途中からF4UやF6Fを作り、末期にはP-47やP-51やF8Fを作った米国のように…。

実際に、帝国軍はデスザウラーで開発が限界を迎えた感じもあって、これ以降は完全新型のゾイドを一機も造れていないからなぁ…。
共和国軍は、ディバイソンとマッドサンダーを作っているもの。
帝国が同クラスのゾイドを比べたら種類で上回るのは「重装甲SP級」「24ゾイド」
んー。小さい。
Hiユニット級は同じ。
大型ゾイドは圧倒的に少ない。。
やっぱり国力を感じるなぁ…。

ところで、「国力の高い共和国は数で押し切れる。だからこの能力はそこまで求められず…」と書きましたが、それならば「MK-II」はなぜ作られるのだろう。
もちろん強い方が良いに決まってるのでそりゃぁ作られるでしょうけども、「何をより求めて作られたのか」を考えてみたいです。

これを考えた時に、共和国ゾイドは「汎用性の拡大」を求めているなと思いました。
ゴジュラスMK-IIやシールドライガーMK-IIは、共にノーマルに比しアンバランスではあります。格闘力/運動性の低下という意味で。
しかし長射程高威力の砲を持つ事で様々な任務に就けるようになった。
この装備により
「若干のアンバランスさは認めつつも」 「様々な戦場でよりゴジュラスやシールドライガーが使いやすくなった」

帝国側のMK-IIのコンセプトというのは、「最強の改良型」
共和国側のMK-IIのコンセプトというのは、「最良の改良型」を目指しているのかなーと思いました。
(アイアンコングMK-II量産型だけは共和国的な思想で限定型からダウンスペックされている気がしますが。コラム参照)

国力に劣る帝国は常に「個」としての強さを求め、数で対抗できないから電撃戦が可能なデスザウラーを開発して・・・。
国力で勝る共和国は常に「全体」としての強さを求め、汎用性の高さや指揮管理能力の高い機を求める・・・。

うーん、「ゾイド単体」とか「ライバル機を並べて」という単位で見ても面白いんですが、全体を国の事情を絡めつつ迫ってみるとさらに面白い!

そうそう、そういえば共和国側にはもうひとつMK-IIというべきゾイドが居ます。
サラマンダーF2です。
コイツに関してはバトリサ3の解説を書いた事もあり、現時点での考えをまとめたりもしたのでまた近日中に。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント