ギル・ベイダーの究極の運用を考える

さて、昨日の記事の続きです。
先に読まれたし。

さて、宇宙への妄想で「切り札たる4基のオリジナルエンジン」説を出しました。
オリジナルエンジンは、共和国に2基、帝国に2基(後に暗黒軍の手に渡る)。

その切り札オリジナルエンジンの運用ですが、共和国軍は初期を除き積極的に運用していない印象です。
もちろん、超高空輸送型サラマンダーやステラスのようなゾイドには、研究・解析した技術が応用されていると思います。
しかし損失を恐れ積極的な運用は行っていない感じ。
対する暗黒軍は、損失を覚悟で積極的に運用している印象です。

運用にはお国柄が出るのかなぁ…。
旧日本軍は、世界最大の戦艦・大和や武蔵を持ちながらも温存しすぎて活躍の機会を失わせ腐らせた。
対する米軍は、緒戦で苦戦していた期間において、虎の子である空母を損失を覚悟の上で積極運用し大戦果を挙げた(その中で幾らかは実際に沈んだが)。
これを思い出しました。

もっとも、国力に乏しく一度沈んだら後がない旧日本軍と、その気になればいくらでも増産できる米軍では上記したような運用の差が出て当然でもあるのですが。
国力を考えれば、生産量などで勝てる筈のないガイロス帝国暗黒軍は、切り札オリジナルエンジンで一発逆転を狙う必要があった。ゆえに積極運用した という事かもしれないなぁ……。

さて、今回は「大気圏外も飛行できると言われている」というギル・ベイダーを絡めつつ更に考えてみたいです。



暗黒軍はオリジナルエンジンを積極運用して、ブラックチャレンジャーや宇宙要塞を作った。
これらに各1基ずつ搭載されているとするなら、2基しかないオリジナルエンジンを使いきってまで運用したという事です。
これは思い切っているなぁ。
そうまでして何がしたかったかを考えたら、当然ですが勝つための秘策に利用したという事でしょう。

具体的に何かというと、「ギル・ベイダーの効果運用の為」であると思いました。
私が導いた秘策とは、以下の通りです。

まず、輸送機ブラックチャレンジャーが物資を満載し宇宙に上がります。
そして宇宙要塞を建設する…。


そして宇宙要塞が完成。
この宇宙要塞はいったい何の任務を担っているのだろう。

私は、これはギル・ベイダーの基地であると思いました。
要塞完成後は、ブラックチャレンジャーは今度はギル・ベイダーを搭載し要塞まで輸送する。


ギル・ベイダーには「大気圏外も飛行できると言われている」記載されています。この能力について考えます。

私は、ギル・ベイダーには「大気圏を突破する能力はない」と考えます。しかし、「大気圏再突入の能力はある」と考えました。
要は、「自力で出る事はできない。だが戻る事だけならできる」というものです。
捕捉すると、大気圏再突入時には専用のユニットを付ける事が必要だとも思います。
大気圏再突入は、凄まじい高温が機体全体を覆うので、ノーマル状態では燃え尽きてしまいそう…。特にコックピット周りからの判断です。
(大気圏再突入用ユニットについては後に更に捕捉します)

宇宙基地に運ばれたギル・ベイダーは、そこから出撃し攻撃地点(主には中央大陸)に降下する。
こうするメリットは3つ。

一つ目はパイロットの負担。
ギルは、暗黒大陸から中央大陸まで飛ぶ事ができる。
とはいえ…、長距離飛行はパイロットに凄まじい負担を強いる事になります。単座のギルは、途中で休息する事もできない。大問題になっただろう…。

二つ目は迎撃。
共和国空軍は強力。いかにギルが強くとも、中央大陸に至るまでの間に波状攻撃を何度も受ければダメージは避けられまい。
暗黒軍としてはギルの損失は絶対に避けたい。できればダメージさえ避けたい。だから、これも大きな問題になったと思う。

三つ目は時間。
暗黒大陸から中央大陸に到達するまでは、かなりの時間がかかる。
見つからなければ良いものの、見つかった場合は中央大陸も入念な対空戦闘の準備を整えるだろう。
ギル・ベイダーでもガンブラスターの対空砲火を受けた際は回避に専念しています。高い防御力を誇るギルも無敵ではないのだ…。
共和国軍が入念な準備を行った上で全力の対空戦闘を行えば、やはり危うい。

宇宙からギル・ベイダーを投下するスタイルなら、一気に地上にまで到達できるのでこの問題は全て回避できます。
・迎撃を受ける事なく地上に到達できる=損失の可能性が低減する
・大陸間を飛行した場合に比べ、ギルのエネルギー残量が多い=中央大陸でいっそう多く暴れられる
(ただ、パイロットには大気圏再突入という別の負担を強い事にはなるのですが…)



ともかく、こうして宇宙から投下され中央大陸を爆撃した後は、暗黒大陸まで飛行し帰還する。


その後は、再びブラックチャレンジャーに積まれ宇宙へ。
宇宙要塞で整備と補給を受け再出撃。以後、ループ。


ここで、「ギル・ベイダーは、大気圏再突入時には専用のユニットを付ける事が必要だと思う」と書いた件に関して捕捉。
新ゾイドバトルストーリーの、ギル・ベイダー初登場時の姿を思い出されたし。
「隕石に偽装し空から降ってきて、その後に中から登場」という何とも凄い登場でした。




この隕石状の外側こそ、大気圏再突入時の防護ユニットであると考えました。
また、この時の「空から降ってきて」という登場は、上記した宇宙基地やギルの運用の裏付けになると思います。

このような状態が続けば、暗黒軍はより効率的なギル・ベイダーの運用が行え戦勝に近づいていただろう。
ただし…、このギル・ベイダーの究極の運用は極初期において頓挫した。

「ブラックチャレンジャーの損失」によってです。
この件は、コチラの記事を参照。
ブラックチャレンジャーを鹵獲された事で、暗黒軍は泣く泣く自らの手で同機を破壊してしまった…。
これにより、宇宙要塞にギル・ベイダーを運ぶ術はなくなってしまった……。
(ただし、この時点で既に宇宙に上がっていたギルは数機ほどはあったかもしれない。その中の一機が新バトストの隕石に偽装した機なのだろうと思う)

更に、一時的にではあるがブラックチャレンジャーを鹵獲した事で、共和国軍は宇宙要塞の情報も掴んだ。
直ちに、共和国軍もオリジナルエンジンを使い宇宙船を整備。要塞攻撃隊を編成し宇宙へ…。


この戦いの勝敗は書かれていないのですが、んー…。どうだろう。
個人的には両者相打ちの上でオリジナルエンジンは大気圏との摩擦で燃え尽きたと考えたいと思います。
理由は後述。

さて、ここまでの考えを整理します。
・暗黒軍はギル・ベイダーを効果的に運用する為にブラックチャレンジャーと宇宙要塞を作った。
・しかしブラックチャレンジャーは早期に破壊され、もくろみはこの時点で失敗した。(オリジナルエンジン1基ロス)
・更に、宇宙要塞も攻撃され損失した。(オリジナルエンジン1基ロス)
・共和国軍も、攻撃隊は相打ちになり損失した(オリジナルエンジン1基ロス)

ここまでの結果を言うと、

共和国側:オリジナルエンジン=2-1=残り1基
暗黒側 :オリジナルエンジン=2-2=残り0基


共和国側の残り1基のエンジンはどうなったのだろう。
昨日の記事で「…キングゴジュラスにはこのオリジナルエンジンが使用されている とか考えてみても面白いかもしれない…」と書きましたが、実際にそうかもしれないなぁ…。

こう考えると、キングゴジュラスは「ワンオフである」「ヘリック大統領が乗った」「あまりにも強すぎる」事への説得力が出ます。
(※キングゴジュラスの生産機数は不明であるが、確認できる中では一機しか登場していない)

また、もう一つ追記。
キングゴジュラスとマトモに渡り合い被撃破寸前にまで追い詰めたゾイドと言えば、ギル・ザウラー。


ベースは今更感がありまくりなデスザウラーでありながら、超絶善戦したのは凄い。

…実は、少し気になる描写があったりします。
キングゴジュラス登場後のストーリーは、
・キングゴジュラスを先頭にした共和国部隊が暗黒首都を攻略する
・ガイロス皇帝の潜む宮殿にキングゴジュラスが突入する
・ガイロス宮殿は突如として飛び立ち空に逃げる…
(ここから共和国軍の追撃が始まりギル・ザウラーとの死闘に繋がる)

という感じなのですが、

宮殿の脱出シーンはこちら。


「巨大な宮殿を一気に浮かし、共和国航空部隊の追撃を振り切り脱出した」というのは凄すぎ。
もしかすると、「ブラックチャレンジャーは損失したがエンジンは生き残っており暗黒軍が回収した」のかなと思いました。
ブラックチャレンジャー被撃破のシーンを見ると、


胴体中央の貨物区を切り裂いている。この時点ではエンジンは無事であると思う。
しかも、この後付近一帯はギル・ベイダーが制圧しているので回収も容易に行えただろう。

もしかするとオリジナルエンジンは回収されており、
・宮殿の脱出用装置として再利用される
・脱出後、外されギル・ザウラーに搭載された
・だから、ギル・ザウラーはデスザウラーをベースにしながらもキングゴジュラスと渡り合うだけの向上を果たした

と考えてもなかなかアツいかなと思いました。

~捕捉~
宇宙要塞と共和国軍攻撃隊の戦いを「両者相打ちの上でオリジナルエンジンは大気圏との摩擦で燃え尽きたと考えたい」としていましたが、その理由。
[ブラックチャレンジャーのエンジンが回収されており]なおかつ[宇宙要塞が共和国軍攻撃隊を退けて健在であった]のなら、暗黒軍は再びブラックチャレンジャーの同型機を整備するはずです。
しかし、そうなっていない事から、
・もはやブラックチャレンジャーを作っても意味が無い=宇宙要塞は消滅した
という考えが成立します。

共和国攻撃隊側も相打ちになったと考えたのは、大規模要塞で戦う暗黒軍に対し、共和国攻撃隊の規模はやはり劣るでしょう。
普通に考えて撃退されて終わり。しかし、要塞は先に書いたように消滅している。
「規模で劣る共和故国部隊が要塞を攻略した」事から、まず無傷という事はありえない(要塞は十分な迎撃を行っている)。
奇跡的な奮闘により辛勝といった所か…。相手を倒した代わりに自らも力尽きた位に考えるのが良いかなと思いました。


という事で、ゾイドと宇宙の妄想を行ってみました。
マニアックになりすぎた気もしますが、この分野も面白いと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント