キングゴジュラスの生産数

最大最強ゾイド、キングゴジュラスは、生産機数は不明です。
一機とも解釈できるし、数機とも解釈できるし、なかなか判断が難しいです。
末期に登場した事から、多くはない事は確実ですが。



キングゴジュラスは、ゾイドグラフィックスvol.21(旧冊子)、学年誌ストーリー、てれびくんストーリー、箱裏ストーリー、広告に登場しますが、いずれも機数を裏付ける資料はありません。
いずれの媒体も、戦うキングゴジュラスの写真は「単機」で写っていました。
ただし、かといって「各戦場に1機ずつ配備されていた」可能性もあるしなぁ…。難しいです。

…そういえば、ゲームの「ゾイド黙示録」にもキングゴジュラスは登場しますが、これも1マップに付き1機づつしか登場しないようになっています。
徹底されてる。
余談ですが、同ゲームでキンゴジュに双肩するユニットの「デス・バーン」は最終マップに2機同時に出現します。

私はけっこう長い間、「キンゴジュといえどもある程度の数は量産されていた」と思っていたんですが、んー。
ここまで徹底して単機のイメージが作られているという事は、「生産数1、ヘリック大統領専用機」でもいいかもしれないなぁと思いました。
最終的な結論はまだ出していないのですが。

後のリバースセンチュリーを見ても、単機のイメージで語られているしなぁ…。
ただ、リバセンの話はどの程度の信憑性があるかという点においては精査が必要と思っているのですが。
リバセンは、資料を検証したものというより、曖昧なイメージ…圧倒的最強のキングゴジュラスがいたというイメージを先行させて誇張させて作っている感じは否めない。

ただ、それはそれで別に構わないというか…、地球でも、戦争を語った各種書籍には、
①中には、事実にかなり近いものもある。
②中には、かなり誇張されたものもある。
③中には、物語性を強調して筆者の想像を入れ込んだり、筆者の主張が入り込んでいるものもある。
と、各種あります。
なので、まるで構わないと思う。

コロコロのゾイド記事やリバセンは②のようなものであると思うし、公式ファンブックは①かなと思う。
新ゾイドバトルストーリーは③かな…。共和国のプロパガンダ的であるのは否めないなぁと読み返すと強く思う。
ただ、①②③は完全に分割できるものではなく、[大まかに言って①だが③の要素が一部に入っている事は否めない]ようなケースも当然あると思いますが。

いや、でも、あくまで私の主観です。
もしかするとリバセンの描写こそが正しく、かつての描写こそ誤りだった可能性も否定は出来ない。
そうした可能性さえ排除せず柔軟に捉えていきたい。

書籍は絶対的なものではなく、誤った内容のものも存在します。
それは戦争というものを扱っていれば当然に起こりえる…、というか、誤りがない事の方がありえない。
精査して「できるだけ事実に近づける」事ならできると思いますが。

様々な資料を見て研究する中で強く思うのは、視野を広く持てという事です。
戦争が起きれば、それを題材にして様々な著者が本を出します。我々が見ているのはその一部に過ぎない…。
そう考えると面白いです。
一つの資料を絶対的だと思うのではなく、もっと柔軟に捉えると広がると思います。
以前は「矛盾」を見つけると憤慨していました。
ですが、矛盾もまた「作者が違う」「この人の解釈だ」と考え、「じゃあ、それらを見比べて自分はどう結論を出すのか」と考えれば面白いという事に気付きました。
……まぁ、そうは言っても、あからさまに間違っているものや唐突な新設定を出しすぎるのはどうかと思うのですがが、、、。何事も「程度」や「バランス」という問題はあると思います。

……と、ここまで書いて、そういえば以前にも同じような事を書いた気がすると思ったら、このコラムだった。

まぁ、なんていうか、大真面目に、なおかつお固くなりすぎずに捉えていきたいなと思います。
キンゴジュの生産機数は不明ですが、ユーザー各の中に答えがあっても良いのかなと思います。


キンゴジュの生産機数といえば…、
私は、物語には「共通見解が必要なもの」「必ずしも必要ではないもの」があると思っています。
この両者は、バランスの問題だと思っています。

共通見解とは、多くの人が同じ認識を持つと言う事です。
共通見解があればこそ、多くの人が語り合い楽しめます。
「あれいいよな」「あの描写いいよな」的な楽しみですね。

一方で、「謎」についての議論も大きな楽しみだと思います。この謎が「必ずしも必要ではないもの」です。
謎があるからこそ、「あの見解は私はこう考える」「いや、私はこう考える」的な議論ができます。

共通見解があればこそ、多くの人が集まり「好き」を語れる。
また、謎があればこそ更に踏み込んでいける。そのバランスだと思っています。
両者が相乗効果を出せば最高というか。そのメディアは盛り上がっていけるだろうなと思います。

完全な世界も良いのですが、適度に穴のある、議論の余地がある感じが好きです。
誤解してほしくないのは、穴があっていいというのは、不完全でテキトーに決めれば良いという意味ではなく、良い意味で幅を持たせるという事です。
太い骨子があれば、多少の穴を許容できるだけの強さを持つという事です。
魅力的で太い骨子があれば、その魅力でもってユーザーを惹きつけます。
骨子が細く魅力に欠けていたなら、そもそもユーザーが集まらない。
余談ですが、これで失敗したのはガンダムAGEだと思っています。

ゾイドの世界は、骨太でそして穴がある良いバランスだなと思っています。

「穴」というのは、共通見解を「背骨」とすれば「小骨」に当たるものだと思います。
背骨がズドンと突き抜けていて圧倒的に魅力的である。
しかし完璧ではなく小骨が所々抜けていたりもするから、ユーザーで想像し構築する事ができる。
悪い言い方をすれば、小骨はしょせんは小骨でありそれを越えるものではありません。
小骨…、穴への想像は、背骨を超えない範囲で行う必要はあるでしょう。
それは制約です。ですが、制約があればこそ「工夫」が生まれ面白みが増すと思います。

ユーザーは穴(小骨)に対し想像をして楽しめば良いし、互いの意見を尊重しあった議論をすれば最高だなと思います。
キンゴジュの生産機数も、そのような「穴」にあたるものと思います。


むろん、小骨のレベルを超える飛躍した想像もできます。それもまた面白いものです。
ただし、そのレベルの想像はもはや個人としての見解に留まるものであり、多くの人と「議論する」というよりは、「私はこのように自由な想像をしました」というものになると思います。
ただし、それも素晴らしいものです。

交流の際は、世界観の穴に対する見解を議論したいものなのか。自由な想像で導かれたその人なりの世界なのか。
それを見極める必要があると思います。
それを見極めてこそより良い交流が出来ると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント