ガン・ギャラドというゾイド

大型ゾイドはそれぞれ華やかしい成果を挙げ戦史にその名を残します。
活躍は二面であると良いなと思います。
一つは戦術的な勝利。これは、ガブラスターがデッド・ボーダーに勝った!というような。
もう一つは戦略的な勝利。これは、ガンブラスターをきっかけに共和国軍は戦況を好転させた!というような。
個々の戦闘と、戦場全体に与えた影響ですね。

今日はガン・ギャラドの話。


さて、ガン・ギャラドは前者としては申し分がなく、オルディオスに快勝しマッドサンダーにも勝利しています。
しかし、後者としては、んー…。苦い。
共和国軍は進撃をやめなかったしガン・ギャラドはそれを止める事ができなかったものなぁ。

「悲劇のゾイド」というのは割と好きで、例えば十分な能力を持ちながらもその後の発展が反則級すぎて陳腐化してしまったマルダーとか、制空権奪取を使命に帯びながらもそれが叶わなかったシュトルヒとかなんですが、でも大型ゾイドはやっぱり戦況を変えて欲しい!と思ってしまうところはあります。
まあ、あれだけ華やかな見た目と性能を持ちながらも戦況を変えるには至らなかったという所こそがガン・ギャラドの魅力なのかもしれませんが。

ですが、ガン・ギャラドには可能性はあったと思います。
戦況を変えるに至らなかった唯一の理由は、配備数だと思います。
オルディオスとガン・ギャラドには、おそらく1年ほど完成時期に差がある。
オルディオスは、やはり対ギル・ベイダー用に最優先で生産されただろうから、この差は如何ともしがたかったのだろうなぁと思います。

可能性というのは、生産数です。
もしも、もう少しだけ時間がありガン・ギャラドの数が増えていたら…。
時間がたてば、当然ながら同時にオルディオスの配備数も増えるわけですが、ここでは二つの可能性を考えます。

一つ目は、オルディオスと比し生産性で同等ないし上回っていた可能性です。
オルディオスがキメラ(馬+鳥)だとすれば、製造には通常より倍の野生体が必要である事と、キメラであるがゆえに製造上の困難があると思います。
それでも超重爆ギル・ベイダーよりははるかに高く確保されていたのは確実ですが。
生産性に関する推測は、
ガン・ギャラド>オルディオス>>ギル・ベイダー位のイメージをしています。
共和国だからと言って必ずしも同クラスで生産性が上という訳ではない事は、コングとゴジュラスの例からしても明らか。

二つ目は、必ずしもオルディオスと同等の数は必要ではないという事です。
オルディオスの最大の功績はギル・ベイダーに運用制限をかけた事。
これを護衛するのがガン・ギャラドなので、要はその任務に対し必要な数をそろえれば良い。
ギル自身にもかなりの戦闘力があるので、それと共闘しオルディオスと戦い十分な成果を挙げるとすれば、幾らか劣った数でも大丈夫と思います。

なので、もう少しだけ時間があればガン・ギャラドの数は増え戦況を優位に逆転させていたかも…。
共和国軍はガン・ギャラドの出現後にも臆さず前進を続け、暗黒首都に迫ります。
しかし、もしかするとガン・ギャラドを恐れたから短期間で攻略する事が必須となり作戦を強行したのかも…。
いわば、ガン・ギャラドは強力であるがゆえに危機感を抱かせ結果としていえば敗戦を早めたという推測です。

強力な兵器は、必ずしも戦況を優位にするわけではない…。
かつてドイツがV2ロケットを開発・投入した際に、イギリスは全く迎撃する事ができなかった。
迎撃ができないので、攻撃を阻止するには基地そのものを破壊する必要があり、むしろドイツへの侵攻を早める事なった。ドイツの敗北を早めた兵器とも言える。
ガン・ギャラドはこのようなゾイドだったのかも…。

ガン・ギャラドの脅威を受け、共和国軍は強引な進撃を進め決着を急いだ。
キングゴジュラスには、もしかしたら対ガン・ギャラド用の意味もあったのかも。
そういえば、キングゴジュラスはよくガン・ギャラドに対峙し破壊しています。

あと、キングゴジュラスといえば、最近になって就役時期について考えを改めることがありました。
今までは、

こちら、暗黒首都攻略戦が行われたのがZAC2055年9月。
小三ではこの号でキングゴジュラスが初登場しているので、ZAC2055年10月に就役とみていました。
ですが、よくよく考えるとそれは性急かなと思いました。
なぜかというと、この後、「首都攻略→ガイロス逃亡→追撃の後にラストバトル(ギル・ザウラー)→彗星落下」となるわけですが、ガイロス逃亡~彗星落下までの期間はおそらく極めて短期間の内に行われている筈です。
彗星落下はZAC2056年。
という事は、
「暗黒首都攻略戦はZAC2055年9月に始まった」
「暗黒首都の防御は固く、攻略は年をまたいで行われた」
「ZAC2056年になってキングゴジュラスが完成し、攻略部隊に合流した。これにより共和国軍は首都を攻略した」
と考えた方が自然かなと思い直しました。
小三の暗黒首都攻略の号は、ZAC2055年9月の暗黒首都攻略開始~ZAC2056年のキングゴジュラス参戦までを紹介した号と解釈しました。

末期についての考えもずいぶん整理できてきたと思います。
という事で、近日中に三巻のお知らせなんかも行いたいなと思います!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント