小六一冊ゲット

学年誌をゲットしました!

うひょお、今度はゾイド掲載号です。小六8806号。
今回はスキャンしたのでキレイ目の画像で。

まずは広告。

バトスト3ですね。
そういえば、メカ生体時代の広告は、キットよりも多いんじゃないかというくらい、書籍の広告があるのです。
バトストはもちろん、戦闘機械獣の全てやゾイドバトルコミックの広告も発売当時は凄く多かった。
(ただし、書籍の広告は同じレイアウトの広告が何号にも渡って載るというパターンが多いのですが)
新世紀の広告で、ファンブックを告知したものはあるのかな…?
ちと気になりました。いずれ収集して調査せねば。

さてゾイド特集は、

24ゾイドを渋めに改造。改造(というか塗装)と撮影テクが紹介されていました。


こういうのは実に参考になる良い特集ですね。

高学年の特集は、24ゾイドの特集が凄く多いです。通常ゾイドよりも圧倒的に24をプッシュ。
通常よりもややハイターゲットを意識していた事が思われる。
それにしても、透明パーツを容赦なく塗っちゃってます。ええのか……。


こんな事まで書いてあるし…。
なんかこう、24ゾイドのアイデンティティを失わせている気が…。

身も蓋も無い事を言えば学年誌の特集はゾイドの購買意欲をそそる広告なんだと思いますが、元の最大の特徴を否とする特集はどの程度の効果があったのだろうなぁ…。

…小五、小四の作例でも、クリアパーツを塗ったものがありました。
また、ハイターゲットを意識した24ゾイドなので、模型誌の「ホビージャパンEX」にも作例があったりします。
そちらでは、

おぉ……、クリアパーツを丸まるなくしてしまっている………。


これはこれでカッコいいのですが。

んー。
共和国24ゾイドは現在では比較的評見直されているような気がしますが、当時としての評価は必ずしも芳しくなかったのだなぁというのがちょっと分かるような気がします。
私は当時から大好きだったのですが。例外なのかな。
…んー、もしかして、メガトプロスに惚れたのはトリケラトプス好きだった影響が強いのかな。
実際、当時からネプチューンはあまり好きではなかったしなぁ。
でも、トリケラトプスでもサンダーカノンは好きじゃなかったしなぁ……。

とりあえず、その辺を更に研究したいのでメガトプロスの再販を希望致します!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント