キンゴジュの装甲

2巻再生産版の最終チェックを進めています!
その為に他の作業が色々と滞りがち。レスももうしばらくお待ちくださいませ…。お待たせしておりまして申し訳ありません……。
と、最近そんな話題ばかりなので、今日は興味深いと思うゾイド記事を!

先日、「試作版」のゾイドについて少し触れました。

製品版とは少し違った試作版。
ほとんど差のないものですが、いやいや、その細かな差を探していきたい。
パイプの具合がちょっと違っていたりする程度ではあるんですが、それをどこまでも追い求めていきたいぜ…。

ゾイドは、機体ができたらすぐにそのゾイドの登場するストーリーが作られる。
だから、学年誌などの「そのゾイドが最新鋭だった頃」の記事にはよく試作版が登場しています。
思えば贅沢な事だよなぁ…。

さて、こちらは最強ゾイドことキングゴジュラス。


もちろん、キンゴジュにも試作版は登場します。
このゾイドは、試作版とキット版に差が極端に少なく、ほとんどどこが違うのか分からない位です。
今日は、それを紹介します。


脚の装甲の三つ並んだディティールに注目。
試作版はここが違っています。


このように「分かれて」いるのですね。

さてさて、キングゴジュラスと言えば絶対無敵のイメージがあると思いますが、もちろん限りなく無敵に近い存在ではあるんですがダメージを受けることはあります。

暗黒首都攻防戦で活躍したキングゴジュラスだが…、


・アイスブレーザーの自爆特攻(学年誌でやる表現なのか・・・)
・基地ごと爆破しキングゴジュラスを葬る作戦

などを受けて、損傷して修理を余儀なくされています。
後者の基地爆破は、デスザウラーにも同じような事がありましたね。
もっとも、デスザウラーの場合は間一髪で脱出したのですが、キンゴジュの場合はマトモに喰らっています。
(基地に自爆装置を付けるというのはスタンダードなのだろうか?)

さて、修理の様子は収録されているのですが…、

「共和国軍の許可を得て」というのが臨場感があって良いですね!
一方で、もはや共和国派である前提の書き方なので、ちょっとなぁ~とも思ってしまいます。
暗黒軍の「=悪」という印象操作がえぐいなぁ。

まぁ、それはさておき、修理の内容。



おおお。
このシーンから装甲の形状がキット版と同じになるんですね。
(この後のギル・ザウラーとの死闘などは、キット版の形状で行われています)

という事はすなわち、「装甲のダメージは深刻で換装が必要であった」のですね。
アイスブレーザーがぶち当たった場所は脚だったし、基地爆破も脚が最も被害を受けていそう。
換装したのは納得です。

更に考察するなら、「共和国軍はキングゴジュラスの損傷時に備えてリペアパーツを持っていた」という事でもあるのでしょう。
ところで、

ちょっとこの画像ではわかりにくいんですが、、こちらはプロトタイプキングゴジュラスです。
そして、プロトタイプの脚の装甲の形状は、キット版と同じものです。
という事は、もしかすると、先の修理時のリペアパーツは「プロトタイプの部品をひっぺがして再利用した」のかもしれないなぁ とも思いました。
プロトタイプは謎の多い存在なんですが、この辺から想像を進めても面白いかもしれないなあと思いました。

そんな感じで、試作版には注目していきたい感じです。
色んなゾイドの試作版があるので、定期的に紹介していきたい!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント