大きさにおける個体差について

先日更新したコラムからちょっと面白い話題が出ましたので、それについて。

「ゾイドの個体差」に関するもの…、要は、ゴジュラスというゾイドは量産されているわけですが、その全機は同じ寸法であるかというような話題です。
件のコラムで「大きなデスザウラー」のような妄想をしたわけですが、そこからですね。

さて大きさに個体差があるとすれば、やや大きなゴジュラス、普通のゴジュラス、やや小さなゴジュラスなどが居るという事になります。



こういう事に対して、以前は「ゾイドと言っても工業製品なのだから、全て規格化されているだろう」と考えていました。
つまり「差はない」という考えです。
規格化によって部品の互換性も生まれるし生産性も大きく増します。
(個体差というのはパワー値や性格の差などであると考えていました)

ですが、最近はあってもいいのかなあという位に考えるようになりました。
これは「考察した」というより、単純に感情として「それでもいいかな」と思ったからという段階ではあるんですが。

大きさに差があっても良いのかなと思うようになったのは、最近リリースされた二つのシールドライガーが原因です。
ThreeZeroのシールドライガーと、マスターピースのシールドライガーです。




両者共に設定上は1/72でありながら、本家キットよりデカいのですね。

他にも、MSSのハンマーロックも、そういえば大きかったなぁ。
HMMの多くの機も、大きくなってる。特にゴジュラスが顕著でした。

と、そんな感じで、これらの影響を受けて、あってもいいのかなと思うように変化しました。

これらの従来とは大きさの違うキットは、すべて造形として魅力的です。
なので出来れば肯定的に捉えたいなあと思ったわけですね。

あと、コンセプトアートの影響もけっこう大きいかもしれません。(新刊は出ないのか…)
あの世界観だと、個体差が極端にあったように感じました。

あ、あともう一つ。
外伝であるとは思うのですが、ゾイドジェネレーションズに登場する「ライガーブルーソウガ」も好き。実は一番好きなカラーのゼロかも…。
(ソウガは設定上では一回り小さいゼロとされている)


で、ゾイドを工業製品として捉えたとしても、大きさに差がある事は不可能ではないのかなとも思いました。
むろん、個体差を許容すると生産性やメンテナンスの面で諸々の問題を抱える事にはなるのですが、100体いたら100種類があるというような極端なものではなく、大雑把に「S」「M」「L」くらいがあるのかなと考えてもいいのかなと。

服と同じですね。製品としての統一は必要だけども、個人差が大きいのである程度の区分は必要という感じ。
で、それに加えて規格外のサイズを作る場合もあったり。

こんな風に考えると、工業化と個体差を同時にクリアできるんでないかなと思いました。
大ざっぱに大型個体はL型の仕上げに。標準個体はM型に。小型個体はS型に。

また、
「共和国はゾイド本来の力を活かす設計を得意とし」「帝国は押さえつけて制御し統一する傾向が強い」
なので、共和国ゾイドには「S型」と「L型」の差が大きく、逆に帝国機は少ない(あるいは、種によっては全く無い)と考えても面白いかもしれませんね。

・「S」「M」「L」それぞれの大きさがあるけど、武器やコックピットなどの装備についてはある程度は互換性がある。
 何故ならそれらは外付け装備であり載せれば良いだけなので。
・といっても、中には大きさが違えば共通化できない物もある(各部の大きさにピッタリ合わせて造った装備など)。

この通りだとすると、帝国側の方が「生産効率で上回る」事になります。個体差が少ないので使いまわせる部品が多い。
もしかすると、物量差を乗り越えて善戦した帝国軍の秘密がここにあった…、というか、言い換えてみれば「共和国は国力があるので余裕があって個体差を許容した」けども、「帝国軍は国力の低さから個体差を減らしできるだけの均一化を図らねばならなかった」と考えたら面白いかもしれませんね。

初期においてゾイドワールドでは共和国=善、帝国=悪という展開が行われましたが、その際に根拠とされたものの一つがゾイドへの扱いでした。
「帝国はゾイドを兵器としてしか見ていないので、ゾイドを活かさず制御しているのだ」のように書かれているものがあります。
この事も、別に帝国側の思考が悪人的なわけじゃなく、全て国力に由来するものだったのだ…と考えたりしたら面白いかも。


いつっだったか、ガンダムで「ガンダムは色んな形のキットがあるけど、それを全て肯定したい」というような提唱を聞いたことがありまして、そのような考えに凄く共感しました。
ガンダムはワンオフ機だけど、色んな戦場に出撃しているからその都度調整を受けたり装備を変えたりしている。
旧キットやHGやMGやPGなどなど色んな造詣があるけど、それぞれ「その時の出撃の仕様」を捉えた者であり全て正しい…。
また、量産機であるザクやドムに至っては量産であるからどの造形も正しい……というような。

ゾイドも色んな造型が出ているので、できるだけ多くを活かす方向で捉えていきたいなと思います。
この件に関しては、ひとまずそんな感じです。

今回の記事を書いている中で、フィクションに対するアプローチやなんかについても考える事があったので、それはまた後日に…。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント