AB仕様

先日ブレードライガーの線画を書きましたが、改めて。
シールドライガーと比べると尻尾が長いのが好きです。



尻尾はねぇ、とても好きなのです。長さの他にディティールも良い。
シールドライガーの尻尾のディティールは「○」が連続して付いてるもので、金型のピン跡のように見えるのが難点だったと思います。

ウサミミもなんだかんだでカッコ可愛くて好き。
このラインが空気の流れを調整している風にも見えますね。
尾も顔もシャープで、全体的にやや大型化しているのに速さへのイメージが損なわれていないのが良い。

反面、メカ的なディティールがやや雑なのは残念です。
また、火器のバランスという点ではシールドが好きです。ミサイルやビーム砲があるのは主力機らしい感じがする。
でも総合的には甲乙付けがたいなあ。思い入れでいえば圧倒的にシールドなんですが、ブレードもかっこえぇ。

あと、ブレードはキャノピーが黄色い特徴的なものになっていましたが、あの色はけっこう好きだったなぁ。
色というか、透明度が高いのがとても良かった。
HMMではCPとしてブラウンのキャノピーは発売されましたが、黄色くて透過度が高いのも出ればいいのになぁ…。
…素朴な疑問なんですが、なぜブレードライガーのトミーキットだけ黄色いキャノピーなのだろう・・・?
アニメ劇中ではシールドと同じようなオレンジだったと記憶しています。不思議。

まぁ、それは置いといて。
先に描いた線画をいじって、アタックブースター仕様にしてみました。



色も付けた。



このCPは青い部分が塗装済みパーツだったのが少し残念だったかな…。
造形は好きなんですが。



ブースターを内蔵しており、速度を上げる。
横に向けられないので、おそらく直線的な速度を上げるものと思われる。
ブレードで一刀両断する機体の性格からいえば正しい仕様に思えます。

そういえばアニメゾイドでアタックブースターの扱いは酷かったなあ。
登場シーンが一瞬で終わってその後は登場しないという、販促用である事を一切放棄した潔さはある意味逆に印象に残るものでした。

アーサー機の方はブレードライガー自身が「これがいい」と言う位に良い扱いでしたが。

ひっくり返すとビーム砲になります。



当時は「なんで機動力と砲撃力を両方上げてんだよ!」と割と憤慨していました。
便利すぎるのはどうなのよ、そこにリアルはあるのかい? 的な。
時期は盛り盛りな装備が増えた時期で、それに対する反感はかなりあった記憶です。

まぁ、それは今でも同じように思わなくもないんですが、んー。
でも、中身に対しては、
「通常時はブースターに使用する推力を、砲撃時には撃つ力に転化している」的な解釈をすれば良いのかなと思いました。
ただしエネルギー消費が激しくなおかつ重量もあるので、稼働時間の低下・直線的な速度はともかく旋回性など運動性の低下は避けられない的な解釈に落ち着けたいと思っています。


例えば、

これは戦闘機の通常の推力を表します。

で、

こちらは大型ミサイル(CP)を装備した状態。敵を発見次第、ミサイルを切り離して放ちます。
普通、外部装備を付けると重量増加や空理気的な難で運動性や速度に悪影響が出る…のですが、

それは現実の話。
フィクションならではの便利解釈として、

このように、「通常時もミサイルのエンジンを回し速度アップに繋げる」「敵を発見した際は放つ事も出来る」
「こうして速度アップと攻撃力アップを両立した」
みたいなものも、フィクションならありかなと思いました。
こんな事を実際の戦闘機が行う事は無茶なんですが、フィクションなら「一応は原理としては理解できる」「不可能だと断言はできない」くらいの良いバランスなんじゃないかなと。

アタックブースター超絶便利な装備ですが、このような構造であると解釈すれば一応は解決できない事もないのかな? と。
といっても、やっぱりそういった傑作装備は稀で、大半はやっぱり「右を上げれば左が下がる、さあどうする?」とか、「両立させたいけどそれは難しいから特化にした」みたいな苦労が窺がえる開発だと嬉しいのですが。
でも、ブレードライガーには華やかな傑作装備が似合うとも思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント