遠景モデルの魅力

そういえば、数日前に出したこの画像ですが、

そういえば、後ろにいるギル・ベイダーは遠景用のモデルだなーと思いました。


これ。
メカ生体ゾイドの時代はCGが使えないので、こういうのは全て小型モデルをわざわざ用意してやっていたんですね。
CGでやった方が綺麗に仕上がるとは思うのですが、これはこれで愛すべきものというか、好きです。


遠景用ギル・ベイダーは、レドラーを母体にしつつプラ板などで作ってあるのかな・・・?
クローはレイノス、下あごはブラキオスだと思いますが、その他は手作りな気がする。
背中のランドセルは良く出来てるなあ…。

と、ここで思ったんですが、なぜ自作モデルを使っていたのだろう?と思いました。
そりゃあ、CGで縮小などの補正が使えないから…ではあるんですが、疑問というのは「ゾイドガム版やゾイドラムネ版を使わなかったのは何故?」と思ったという事です。


やられてるマッドサンダーは、ゾイドガム、ゾイドラムネ、ゾイドミニプラモチョコのモデルが使われています。
こんな風に、ギルも使わなかったのかなあ。
初期の頃はともかく、末期のキンゴジュが登場していた頃なら既にゾイドガム版やゾイドラムネ版のギル・ベイダーの立体があった筈なのですが。


と、ここで思ったのは、「もしかしたらあえて使っていないのかも?」という事です。
なぜかというと、こんなモデルを思い出したからです。

遠景用のアイアンコングMK-II限定型ですね。
国境の橋争奪戦でも登場しました。

このモデルは、ハンマーロックから作られているのは周知だと思います。
で、よくよく考えると「なんでハンマーロックから作った?」という疑問にぶち当たります。
なぜならば、ハンマーロックとほぼ同時期には、


「ビッグポーズ」のアイアンコングが発売されているからです。
というか、限定型の後ろのノーマルタイプがこれですね。
見ての通りビッグポーズは良い出来で、肩のミサイルが無い事を除いては完璧とも言える出来です。
大きさは、ハンマーロックと似たようなもんです。

なので、小型の限定型を作るにはこっちを使った方が明らかに楽だと思うのですが(また、ビッグポーズ唯一の難点である方のミサイルが無いという点も限定型を作るのなら問題ないだろう)、それでもあえてハンマーロックから改造してあるのは大きな謎です。

で、その理由を考えた時に、これは作り手が楽しんで作ってたのかなあと思いました。
多分、それ以外に回答がない気がする。
ゾイドのジオラマを見ていると、作り手がテンション高く楽しんでるよなーっていうのは良く伝わってきます。
遠景ギル・ベイダーや遠景コングも、そんな所が感じられるのが好きです。

遠景ゾイドからジオラマを見てみるのも面白いものですね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント