ザバットの事

前回のアンケで「最良」の1位に輝いたザバットですが、面白い議題を頂きました。
以下、転載致します。

ーーーーーーーーー
バトストにおいてサラマンダーに防衛された一戦から1度も出番が無いので外しました。
実際に劇中でも「無人機ならではの死を恐れぬ突撃と精密な爆撃が可能」とされておりウルトラにも痛撃を与えるなど攻撃力も高いゾイドなのですがなぜあの一戦で姿を消したのか・・・・?
何か致命的な欠陥や問題が発生したのか・・・・?
これ、ぜひ一度取り上げて頂きたいです。
ーーーーーーーーー


という事で、ザバットを含めつつ西方大陸での航空事情を考えてみたいと思います。

初期の[共和国:プテラス][帝国:レドラー]というのは生き残ったゾイドの事情だと思います。
レドラーが残っていた帝国はラッキーだったなあ。
緒戦において帝国軍の大勝を支えた最大の功労機はレッドホーンですが、レドラーの制空権会得も大きな影響を与えたのだと思う。

さて、次いで登場したのはストームソーダー。これによって共和国軍はレドラーを下して制空権を奪取します。
ストームソーダーは幻の強化タイプがありますね。




キット化されなかったのが本当に残念…。

さて、これらのタイプはなぜ計画され中止になったのか。
これはストームソーダーの開発経緯を見れば理解できます。
「ストームソーダーはもともと帝国軍で開発されていたゾイドだが、共和国軍が開発設計情報を奪って完成させた」という経緯があります。
なので、共和国軍は「ストームソーダーを配備しレドラーを圧倒し制空権を得た」という輝かしい成果の一方でこう考えていたはずです。
「一時的には勝利はしたが、遠くない内に帝国版ストームソーダーが出現するに違いない」
そりゃあ、もともと帝国軍は開発中だったゾイドなのだから当然ですね。
これは、後年のライガーゼロのようなものです。奪取した情報から共和国軍は先にライガーゼロを完成させましたが、後年になってより性能の高い「イクス」が登場しています。

なので、FXなどの強力な発展型が計画された……のだが、不思議な事に帝国軍はストームソーダーを完成・投入する事はなかった。
この為、共和国軍はストームソーダーの強化タイプを開発する意義がなくなり現状のままで据え置きになった…。

この後に登場した飛行ゾイドは、サラマンダーとレイノス。
共和国軍は、サラマンダーをノーマルタイプの[爆撃機仕様]として復活させるか、それともF2の[戦闘機仕様]で復活させるかで迷ったと思います。
個体数の少なさから両方を配備するのは無理。
結果として、共和国軍は爆撃機仕様のノーマルタイプを復活させています。

これは、このとき既に制空権が共和国側にあった…、ストームソーダーがこの先もそれを維持するであろう確信があったから爆撃力を重視したタイプで就役できたのだろうと思います。
レイノスは、やはり扱いやすさから再配備されたのでしょうね。
ストームソーダーの格闘重視の仕様と違って射撃力に優れる。だから平均的な技量のパイロットでも扱いやすいだろうし、中型なので配備数でも上回るだろう。戦力の中核です。
強力な隊長機ストームソーダーと中核を為すバランスに優れたレイノス。共和国軍は、この構成に自信を持ったからサラマンダーをF2ではなくノーマルタイプとして復活させたのだと思います。


で、ここからザバットを考えます。
ザバットの能力ですが、「精密爆撃」[偵察]が目的とされています。
一応は速度はM2.8と快速を誇りますが、空戦がクローズアップされる事はない。
制空権を巡る戦いでもお呼びがかかった事がないので、おそらくレドラーに勝つ事はできない。もちろんストームソーダーやレイノスに勝てるものではないと思います。
下手をすればプテラスにも狩られるんじゃないかな…。

さて、ウルトラザウルスへの爆撃以降、目だった運用をされなかった理由を考えます。
実はこれは両軍の制空権の模様を見ればすぐに分かると思います。

爆撃機は、そもそも制空権がない状態では運用できない のです。
なぜなら空戦力で劣る爆撃機は敵戦闘機が居る地帯に入ろうものなら撃墜される事が避けられないからです。
米軍は[B-52]のような[運動性は低いが爆弾搭載量は凄まじい]機体を持ちますが、それは米軍が常に制空権を得られるだけの戦力…戦闘機を持っているからです。
ザバットでは、いかに爆撃力が優れていようとも目的を達する前に撃ち落されてしまうのですね…。
制空権を失った影響は凄く大きい。

さて、ウルトラザウルスへの爆撃ですが、これを見ると面白い。
帝国軍も上記した事情をよく理解していたと思います。
なぜなら、この時に帝国軍が採った策は[ホエールキングを使用して超高高度から投下する]というものでした。

もはや制空権がない。護衛機としてレドラーを随伴させてもザバットを守る事はできない。
ただ唯一、[敵戦闘機が上昇できない高高度から攻める事ならできる]という回答があの作戦であると思います。
残念ながら、[同じ高度に上がる事ができる]サラマンダーが復活した事で作戦は失敗してしまったのですが…。


余談。ホエールカイザーやタートルシップは上昇限度の低さから高高度からの爆撃には使えないと思います。
特にタートルシップは地上からの砲撃であっけなく沈んでる描写があるしねぇ…。(ネオの上昇限度はどうなんだろう?)

ホエールカイザーやタートルシップは、さすがに制空権を得た状態であっても爆撃機としての転化はできないと思います。
なぜなら鈍足過ぎる。敵としてみれば、的がでかいし動きもトロいから凄く当てやすい。
それをガードする為に護衛機が居るわけですが、一気に突撃する一撃離脱戦法を採られたら対処はしにくい。
これがザバットの場合なら、まあ一機墜ちたなで済むのですが、ホエールカイザーやホエールキングなら一気に戦力をそがれてしまうので、なかなか難しいんだろうなあと思います。

ホエールキングは爆撃機としても運用できる(防御思想は高高度の敵が居ない地帯に位置するというもの)画期的な巨大飛行ゾイド。
開発されたのは、輸送用だけでなく爆撃機運用も大いに視野に入れていたんじゃないかな。
サラマンダーが「数が多ければこれだけで戦争を勝利に導ける」のだから、それよりも何十倍も積載量のあるホエールキングで爆撃を行おうものなら…。

上昇限度は3万m。旧大戦に登場した幾つかのゾイドがこの高度に到達できる能力を持っていた事を帝国軍は知っていた筈です。
ですが、それらは既に絶滅しているとみていたんじゃないかな。
結果として、あまり数は多くはないもののサラマンダーが生きていたのですが。

そういえば、サラマンダーも目立った活躍はしていないなぁ…。
爆撃機として運用したかったけども、ホエールキングと同等の高度に到達できる唯一の飛行ゾイドという事で迎撃部隊に優先配備されていたのかも。
また、暗黒大陸でも戦力を迅速に展開する輸送機使用[カーゴ]などが必須になり、結局のところ本格的な爆撃機運用はできなかった…のかも。


本題に戻る。
ウルトラザウルスへの戦い。
この戦いは、[帝国軍は制空権がない][唯一の策であった高高度からの攻撃も通用しなくなった]事が読み取れる一戦です。
この次の戦い…、アンダー海開戦で帝国軍が切り札として用いたのはまさかのシンカーでした。
もはや空からでは不可能。通常の高度でも負けるし高高度を飛ばしてもダメ。
なら…、旧式だが海の底に潜めるシンカーしかない…!
この時期、シンカーには難敵ハンマーヘッドが登場しています。
ですが、ハンマーヘッドは数で劣る事、そして海での戦いなら帝国軍は強力なウオディックを持っていて互角に戦えるのです。

帝国軍は、①ウオディックを使ってハンマーヘッドを抑える(=シンカーを守る) ②共和国軍の飛行ゾイドの数が減った瞬間(補給の為の一時期間)を狙ってシンカーを離水させる という戦術を持ってアンダー海海戦を戦ったと思います。
この戦いは帝国軍の苦しい航空事情が読める一戦であります。

という事で西方大陸での航空事情を考えてみました。
暗黒大陸での事情は…、また折を見て考えてみたいです。こちらはなかなか難しそうだなあ…。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント