ジェノザウラーを考える

先日の記事でジェノザウラーを「高速を優先させている」と考えました。
西方大陸の遺跡の事情ゆえです。今日はこれについて捕捉し更に考えます。



ジェノザウラーに対抗して出たのはブレードライガー。そのブレードライガーに対抗したのがジェノブレイカー。



当時、ブレードライガーやジェノブレイカーには「兵器としてどうか」という批判があったと覚えています。
確かに、ブレードライガーもジェノブレイカーも汎用性という意味では素となったシールドライガーやジェノザウラーに劣るだろうなぁ。

兵器は1対1で勝てばいいってモンじゃない というよう批判は的を得ていると思います。
しかし「遺跡調査」という事情を考えれば「兵器としての汎用性を捨ててでも特化した仕様にせざるをえなかった」という事情があるのかなと思いました。

通常、兵器と言うのは地道に積み上げる事で発展して強くなります。
が、遺跡調査を成功させれば飛躍的な向上が見込める。
かつてグローバリーIIIの経験があった両軍にとっては、「遺跡調査で未知の技術を手に入れてスーパーパワーアップ」というのは現実味を持って感じられるものであり、強く求められるものだったのでしょう。

だからこそ、ブレードライガーやジェノブレイカーのような兵器としてはどうなのかと思えるような仕様の期待でも立派に求められ重要な戦略を担う存在足りえたのだと思います。


ところで、ジェノザウラーは本当に優秀な機体だなーと思いました。
シールドライガーを越える高速性と交戦力を持っていて、遺跡調査に最適。
不意に遭遇しても勝つ事ができる。
そして、遺跡調査に使えるのはむろんですが、主力運用もできる万能さがある。

先の推測では「帝国軍はアイアンコングが多数あるからそれだけで制圧できる」とは書きましたが、それでも味方機は多い方が良いに決まっている。
アイアンコングの弱点は距離が詰まった時の火力だと思います。
肩のミサイルランチャーは6発で弾切れ。反対側の肩についてる小型ミサイルも少なそう。
重防御の機体なので被弾に耐えて接近して格闘戦で仕留める…というのも可能であはあるだろうけど、ここは大きな欠点だと思います。

アイアンコングは火力に秀でた機体というイメージがありますが、近接した火力に限れば実はゴジュラス以下であると思います。
(というよりゴジュラスは近接した火力に限ればかなり強い)
ジェノザウラーがアイアンコングと共に主力運用されれば、背中の全周囲への旋回が可能・仰角や俯角も多くとる事ができるパルスレーザーライフルが恐るべき威力を発揮しそうです。


ジェノザウラーは初登場からしばらくの猛攻はアニメ・バトスト共に凄まじかったですが、強さのレベルは後から調整された感じですね。
今では、ジェノザウラー先行タイプ(リッツ機)>アイアンコング>量産型ジェノザウラー
てな感じかな?
やっぱりアイアンコングは偉大。
ですが、ジェノザウラーも負けてないかなーと思いました。

量産型ジェノザウラーはアイアンコングには強さでは劣るかもしれないけど、運用可能な地帯は同程度で、速度では上回り、火力でも上回る。
パワーや防御力では及ばないものの、総合的には甲乙つけ難い魅力があるかな。
あと、発展性と言う意味でも競りますね。
コングの発展性は言わずもがなですが、ジェノザウラーも多くの改造型が生まれており優秀さが窺がえます。

私は正直に言うと最初の頃はジェノザウラーはあんまり好きじゃなかったのでありました。
なぜかと言うと顔があまりにもデスザウラーすぎたからです。
顔は象徴的なものなので、いかに小型デスザウラーとはいえ変えて欲しいなぁと思っていたのです。
雰囲気を残しつつ独自性を持とうよという事ですね。
まぁ今でもそう思わなくもないんですが、以前にチャットだったかで「デスザウラーの威圧感を利用して心理的な圧迫をかけるためにあえて同じ顔にしたのではないか」という意見を頂いて見方が変わりました。
でも見ていけば見て言うほどに今は良い機体だなと思っています。

さてさて、更に掘り進めて行きたいところです!
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント