潜水艦の事情

バトリサ3巻の作業に追われつつですが、状況報告だけでは何なので本日は考察。
先のハンマーヘッドの記事にて面白い議題を頂きましたのでそれについて書こうと思います。

ます、頂いたコメントを抜粋致します
------------------------------
ところでふと思ったのですが、
共和国はウオディックへの対策が対潜用装備の強化が主で、純粋に水中戦でウオディックを破る新型ゾイドはいない様に思います。
ウルトラは対潜装備関係をどうにかすれば体格差で圧倒できる余地はあると思いますが、バリゲーターは旧式だし、ハンマーヘッドはシンカーやブラキオスは抑えきれる最新鋭機だけど性能面では先述した様に水中戦ではウオディックに劣るので、特にウルトラが希少な機獣新世紀の海戦ではもう少し水中戦用ゾイドの拡充化があっても良かったように思います。

------------------------------
という事で、ありがとうございます!
それでは、共和国の制海権を得る為の活動を考えてみたいと思います。

~メカ生体時代~
周知の様にウオディックは登場から無敵を誇りウルトラザウルスさえ一方的に攻撃してみせます。
登場はZAC2041、そして共和国軍が対策を完成させたのがZAC2045年のフロレシオ海海戦なので、実に4年もの長い間無敵時代を謳歌していたのだなぁ。
ブラキオスの存在も大きいかな。ブラキオスは単機としてはバリゲーターと互角の弱い機体ですが、物資を積載できる点や長期間の行動ができる点が優れてる。様々な汎用性があります。
ウオディックが制海権を得てブラキオスが戦略的な活動をするという構図がそこにあったと思います。

さてフロレシオ海海戦より前にウオディックが負けた戦いと言えばクック湾奇襲作戦ですが、この作戦は港に停泊するウオディック艦隊を撃破するもので、逆説的に言えば海戦をしても勝てない事を自ら認めるような内容でありました。
この時の共和国軍はウルトラザウルス大艦隊を保有していたというのに。ウオディック恐るべし。

そんなウオディックもZAC2045年のフロレシオ海海戦を境に没落してしまいます。
この時に登場したのが対潜ホーミング魚雷。深海にまで逃げても追尾し確実に仕留める恐るべき装備です。
この時点までウオディックが無敵を確立した最大の要因は「敵が探知できない深海に潜める」「そこから攻撃できる」という点があったから。
その点が、一気にひっくり返されたのであります。

さて、この海戦で使用された「対潜ホーミング魚雷」はプテラスが装備したと書かれています。
が、おそらく時間と共にウルトラザウルスやバリゲーターにも類似する装備が順次装備されていったと思います。
これを装備すればウオディックとのキルレシオは大きく変わる。
ウルトラザウルスはほぼ確実に勝てるようになっただろうし、バリゲーターも最低限は戦えるだけの値に向上しただろう。
もちろんバリゲーターでは優位を得る所まではいけないだろう、依然として劣勢ではあったと思う…のですが、個としての劣は数でカバーして戦う。
これ以降の共和国海軍は、ウルトラザウルスが居れば安泰。バリゲーターでも数が居れば何とか戦えるといった構図で制海権を得ていったと思います。

現場のパイロットにとってはたまったもんじゃないでしょうが、共和国中央としてはそれで戦況が何とかなるのだからいいじゃないという考えだった気がする。
シャーマンで虎戦車と戦った米軍兵みたいなもんか…。

メカ生体時代には、対ウオディック用装備を開発するまでもなく対策ができたという考えです。


~機獣新世紀ゾイド~
まずハンマーヘッドについて補足的に考えます。
頂いたコメントの通り、ハンマーヘッドは対ウオディック戦用としてはやや不足しています。
コストが高いので数で押し切る事もできない。

バリゲーターとの共闘で戦う…という目算があったのかもしれませんが、この時代のバリゲーターはメカ生体時とは少し事情が違う。
この時代のバリゲーターはブラキオスより弱いのであります。おそらくブラキオスは旧大戦の「New」を経た改良タイプなのだろう。
帝国軍はウオディックとブラキオスを併用する状況だから、これにバリゲーターとハンマーヘッドで対抗するのは荷が重い。どちらも劣るのだ。

ハンマーヘッド開発時、目標はシンカーを上回ることであってウオディックを上回ることではなかった。
これはちょっと不思議である。
旧大戦時のデータからウオディックのスペックは分かっていただろうし、そこから技術的洗練を経た場合の向上したスペックも予想できたはずだ。
ハンマーヘッドにはシンカーやウオディックを上回る性能が要求されそうなものなんですが。

そして、それを達する事は不可能ではなかったと思うのです。
ハンマーヘッドtypeAを現在の形に。
ハンマーヘッドtypeBは飛行能力を撤去し水中戦に特化させる。
とすれば。当然ながら水中のみに特化すれば幾らかの向上はあろう。現状でもウオディックに「近いが劣る」程度の能力は持っているハンマーヘッドなので、特化すれば互角ないし上回る値にまで向上しそうです。

これを考えた時に、必ずしも必要ではなかったのではないか とも思いました。
つまり共和国軍には別のウオディック対策ができたという考えです。

ウルトラザウルスは1機しか居ないので使えない。
ではどうするかというと、これは航空機だと思いました。
潜水艦の最大の敵は同タイプの敵ではなく対潜哨戒機です。
その名の通り対潜水艦戦を重視して設計・装備された航空機のことです。

対潜哨戒機に求められるのは「対潜装備」「低速で長時間の飛行ができること」の二点です。
対潜哨戒機は高速じゃいけないのですね。付近一帯を低速でじっくり長時間かけて調べて敵潜水艦を確実に発見する。そして攻撃するという行為が必要です。
有名な対潜哨戒機は「東海」などでしょうか。

東海、詳しくはwikipediaなんかを見て頂ければ分かりやすいです。
見た目は古臭い不恰好な機体ですが、低速で10時間ほども飛び続けて潜水艦を探知・撃破できる高性能機です。
ただし、もちろん戦闘機との空戦は考えられない。見つかれば墜落は必至です。
なので、できれば制空権を得るか強力な護衛を付けた上での運用が望ましい。
敵に制空権がある状態で運用しようものなら潜水艦を見つけるより先に排除されるのは必至。

さて、共和国には対潜哨戒機として最適な機体が居ます。
そう、プテラスです。
おそらくこの時代においてプテラスは対潜哨戒機として多くが活動してウオディック対策の一翼を担ったのではないかと推測しました。

先に書いたように、空戦力の低い対潜哨戒機は制空権ないし護衛機が必要です。
ですが、この時代の共和国軍はストームソーダーやレイノスを保有しその点には問題がない。
なので、わざわざハンマーヘッドに無理をしてウオディックを超える能力を付加しなくとも良かったのではないか と考えました。

旧大戦時について補則をすると、この時代にはプテラスは対潜哨戒機としては運用されていない。
それはレドラーが脅威であり制空権が向こう側にあったからなのであろう。


こんな風に考えると、やはりハンマーヘッドはシンカーに対抗した機体でありウオディックを向いてはいないと思いました。
全く意識していないわけではないが、主目的ではない。

シンカーの利点は水空両用というトリッキーな運用。それでもって絶大な戦果を挙げた。
共和国軍が欲しかったのは同様の運用が出来る機体であり必ずしも海で最強となる事ではなかったのかなと思いました。


なにやらちょっとまとめ切れていない部分もありますが、ウオディック対策の事情とハンマーヘッドについて考えました。
もうちょっと精査したいかな。
という事で、色々なご意見などありましたら更に深めていきたい感じです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント