サーベルタイガーのバリエーション

本日の線画はサーベルタイガー。
サーベルタイガーの箱裏には二種類の改造バリエーションが載っています。

ひとつめ。

夜間仕様
夜間戦用にレーダーセンサーを強化した。しかし出力の増加は出来ない為に重量増加にともない武装は一部はずされた。


かなり地味な改造ですね。
帝国共通武器セットおよび主砲を撤去し、その分アンテナを増設しています。
この時期は夜間戦闘は標準ではなかったからなあ…。こういう増設がないと夜間は戦えなかった時代です。

後のグレートサーベルは夜間戦闘を標準仕様として可能にしています。
この仕様が後に完全内部化されグレートサーベルに活かされているのかも。

ところでレーダーが強化されているとの事ですが、全天候3Dアンテナが撤去されている不思議…。
また、増設しているのはレーダーというより通信を思わせるアンテナ類が中心。
という事はサーベルタイガー自身がレーダーを使うのではなくゲーターを随伴させてアンテナで常に通信を取りながら戦うスタイルなのかも。
そのよな連携やデータリンクシステム的なものを想像しても面白いかもしれないなあ。

出力不足から武装が外されたとありますが、背中のアンテナの位置から考えて主砲(ニ連ビーム砲)を装備すると干渉して旋回させる事ができない。
おそらく主砲は泣く泣く撤去した。その代わりに後方…キットで言うスイッチの位置に別の砲が備えられたのだと推測します。



カラーは夜間戦闘という感じではないなあ・・・。何を意図しているのだろうか。
ホワイトタイガーみたいでカッコいいカラーだとは思いますが。


ふたつめ。

森林仕様
帝国軍観閲式に登場した時の迷彩で、実戦に登場するかは不明の点が多い。また装備も変更される予定らしい。


こちらは輪をかけて地味。
改造というか、帝国共通武器セットを撤去しただけ。それに代わる追加装備はない。
観閲式に登場したとあるので、共和国側スパイを警戒して武装を撤去したのかな…?
また森林では木々…遮蔽物が多いから砲があんまり使えない。いっそ撤去して格闘力を高める…とかそんな感じなのかなあ…。



カラーは、珍しく迷彩まで再現しました。
虎っぽさ倍増ですな。
※箱裏の塗装だと黒部分・銀部分・キャップまで迷彩色になっていましたが、装甲だけにしています。

箱裏だと、

こんな感じ。

・・・今回は色まで含めて再現したわけですが、ちと気になる点が。
というのも森林仕様の画像をよく見ると、色指定で「ダークグリーン」「ネイビーブルー」と書かれているのが分かると思います。
うむ。しかし、箱のイラストを見ると、ぜんぜんダークグリーンでもネイビーブルーでもない。
ダークイエローとウッドブラウンくらいかな。

参考。ダークグリーンとネイビーブルーを使って塗ると、


こんな感じ。
んー・・・・。全然違う。
これってけっこう大きな問題で、たとえば今後において改造バリエーションをまとめてバトリサ4を作ると仮定して、その際にカラー一覧を用意するとすれば、
●箱裏のイラストの見た目の色を重視
●箱裏の色指定の文字情報を重視
どちらを選択しようかと言う事です。
んー。
今回のサーベルを見る限り、イラストの見た目の色を重視したい…それを基本として他のゾイドと整合性を考えつつバランスを見ていく感じが良いのかなあ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント