学年誌のゾイド

学年誌についての話題を続けます。
今日は学年誌のゾイドについて少し。

メカ生体ゾイドのストーリーは渋い。
最強ゾイドの豪快なプロレス的ぶつかりあいも大いにあるけど、小型ゾイドの鮮やかな活躍や捕虜収容所への潜入作戦などもあり多角的だと思います。
何ていうか、バランスが良い所が好きです。むろん中には無茶なものもあるんだけど、全体的な印象はやはり渋い。ゾイド全シリーズを通してもミリタリーな雰囲気は随一だと思います。
その事は、メカ生体ゾイドが学年誌に掲載されていたという事情を抜きには語れないと思っています。

「小学館スペシャル・ゾイドバトルストーリー」は、学年誌を元に再編されたものです。
そこで大幅なブラッシュアップがされ高い完成度になった。その事は確かです。
ですが骨子となる部分は既に学年誌の段階でありました。

トビー・ダンカンやエリクソンは学年誌の段階で出てきています。


この渋いパイロットの絵が学年誌(小三)の段階で出ていたとは驚きです。
ただ細かな設定は学年誌の段階ではなく、バトスト2巻に際して加えらています。

チェスター教授救出作戦は、学年誌の段階では天才科学者救出作戦でした。


それに細かな設定が4巻に際して加えられました。(あと改造ディバイソンの名称も変わった)

帝国最高のスパイコマンド「エコー」は、学年誌の段階では「スパイX」でした。
というような感じです。
もちろん、中には全く別の話に変わったものもありますが…。
ただまぁ、学年誌の段階で既にかなり完成度の高いものであった事は証明できたと思います。


ここからの話は、「学年誌が各学年ごとにあった」という点が重要になります。
小学一年生~小学六年生ですね。
学年誌は、読者のほとんどが同じ年齢という特殊な雑誌です。小一は小一を買い、小五は小五を買うのですね。


さて、子供の好む方向性の一つに「大人っぽいもの」があります。
対象年齢よりも少し上のもの。お兄さんたちが見ているものに憧れることです。
ゾイドは学年誌の記事の中ではかなり漢字の使用率が高い(もちろんルビはあるが)し、学年によっては文章が長いのもある。内容のハードなものも多いです。


例えばこれは小五の記事(この号の前半)なんですが、かなーり読み応えがある事が分かると思います。

その学年用の展開としては「難解なのでは?」というものも多いのですが、そのことを承知で行われていると感じます。これは、大人っぽいものに憧れる子供を意識しているのではないかなぁと思います。
大人っぽいものへの憧れ。この要素でゾイドが少年を牽引したというのはあると思います。

ただこれはなかなかバランスが難しい話で、小一にとって大人っぽいとは小三くらいの事で、小三くらいの大人っぽいは高学年で、高学年の大人っぽいは中学生くらいです。
それ以上に離れてしまうと、さすがに難解すぎてついていけなくなります。
大人っぽいというのは「大人」ではなく、あくまで「っぽい」というレベルなのであります。理想的な大人っぽいとは、やや難解でありつつも読み解こうとすればギリギリで理解できるくらいのものだと思います。
ゾイドの記事はそのようなバランスであると思います。

ゾイドは大人っぽいものに憧れる子供を意識して作られていると思います。
ですが、「小学生」というまとめたくくりにする事は不可能です。
成長著しい年代です。一年生にとっての大人っぽいは、高学年にとっては子供っぽいになってしまう。
高学年にとっての大人っぽいは、低学年にとっては難解すぎて分からないものになってしまう。そんなものです。

学年誌が全学年にあった。それゆえ各学年ごとに最適な展開ができたのは大きな幸運だったなと思います。
各学年ごとの理解力に配慮しつつも、追いかけているのが「大人っぽさ」だと思うのです。その事があの渋さに繋がっているように思います。

新世紀ゾイドのストーリーは、華やかな一方で全体的にかもし出す渋い雰囲気ではメカ生体ゾイドに叶わないと思います。
しかし、コロコロは小学生を全部まとめてターゲットにしているので同じような渋さは元より望めなかったのだろうなぁと思いました。

「昔に比べてハードさが減った」「渋くない」という批判は当時においてかなりあったし、だからダメという声もあったと覚えています。
当時は私もそのように思っていました。が、掲載誌の事を思えば展開が少し違うテイストになったのはむしろ当然だなと思いました。

いや…、「小学生を全部まとめて取り込む」という極めて難しい要求の中で展開した新世紀バトスト、それが幾らかハードさは減ったと思いますが、それでもかつての色を残しつつ新規ユーザーもバッチリついてくる展開を続ける事ができたのは凄い手腕だったのかなと思いました。
(でも、ゴジュラスギガの活躍しなさっぷりやダクスパの戦わずして勝つはちょっと悲しかったというように幾つか「んー」と思う部分は今でもありますが…)



…ただ総合誌にも少し差はあると思っていて、コミックボンボンは今にしてみると全体的にコロコロよりハードな印象があったりもします。
この辺の差って何なんだろうなぁ…。雑誌研究は今後も続けていきたいです。

話が逸れましたが、まあ、学年誌がメカ生体ゾイドに果たした貢献はやはり絶大だったなと改めて思います。
大好きです、学年誌。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント