大砲飛行機

サラマンダーマーキュリーのコラムの後編をUPしました。こちら
無茶な説ではあるんですが、自分では気にいっています。特に最後の翼端援護機説。

大砲も色んな使い方があるので、単純に分厚い装甲を穿つというのも魅力的ですが、多彩な描写があると良いですね。
ただ史実では大砲を対空用に使用した際の効果は極めて低かったそうです。
数百メートルの範囲を爆炎に飲み込むといったら凄まじい威力ですが、飛行機なんて過度に密集して飛んだりはしないから実際に範囲内に入る機は数機程度…。
大砲は発射速度が低い。敵機はぐんぐん近づいてくるわけだから何度も撃てない。

あと、「発射後〇秒で爆発する」というのは難しい設定で、「敵がこちらに接近する」中で放つわけだから、敵機の速度を正確に測る必要があります。
予想速度が違っていたら意味のない位置で砲弾が自爆するようなことに。
時限信管は使うのが凄く難しいのですね…。
ただ米軍は近接信管(VT信管、マジックヒューズ)を使って倍する効果を出していたとも。
この辺は興味ばあればググってみれば面白いと思います。


ときに、飛行機に大砲を積んだ超砲撃型飛行機というのは一応実在します。
日本軍が対B-29用として開発したキ109という飛行機です。傑作機と評される「四式重爆撃機・飛龍」をベースに開発されています。
大戦末期に開発されたので愛称も付いていません。

戦闘機が装備する大口径砲は20mm機関砲。これは戦闘機に当てれば一発でバラバラになる位の威力です。
ただ巨人機B-29は20mm機関砲を当ててもしぶとく耐えた。
そこでもっと巨大な砲を積んだれという事でキ109には75mm砲を装備しています。
(75mm砲は地上で使う為の砲を改造してむりやり搭載している)

射程も長く2キロ先の敵機を狙えたという…。これはB-29が装備する火器の射程よりはるかに長い。
思惑通りに戦えれば、B-29をアウトレンジから一方的に攻撃できるはずでした。

ただ装填数は15発と少なかった。また発射後は後席のパイロットが弾を手で再装填しないといけなかったので速射性がなかった。
また高高度性能がB-29に大きく劣っていたので戦う事ができなかった…。

まぁ、結果として役立たずではあったものの大砲を積んだ機もあったんですね。
もしかしてキ109はマーキュリーのモデルだったりして…。

でも、米軍の巨人機B-29に対抗して大砲をむりやり積んだ飛行機を作った日本軍。
かたや巨人機サラマンダーを持っているうえ、そいつに大砲を積んだカスタム仕様を作った共和国軍。
事情はだいぶ違いますね・・・・・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント