オオカミ

今日は山岳のエース、コマンドウルフです。
コマンドウルフは箱裏バリエが改造2で載っています。どちらも再現しました。
コマンドウルフの箱裏バリエはマイナーなので貴重かなと思っていたんですが、よくよく考えると最近発売されたMSSのコマンドウルフにも載っていたな…。
・・・MSSゾイドの説明書ではメカ生体の箱裏バリエを再現したイラストが載っていました。
という事は資料は全て大切に保管してあるという事だと思うので、そういうのをまとめた本をぜひ出してほしい…!

ゾイドの箱ってスゲー魅力的で見てるだけで幸せになれます。
箱の正面、裏面、側面。この辺を一覧した本を激しく希望しています。
資料的にも凄い価値があると思う。
ま、そんな願望は置いといて。

コマンドウルフのバリエーションです。今回も色付けはまだなので線画のみ。

ひとつめ


森林戦仕様
森林戦用にスピードより武装の強化に重点がおかれ、機体下部には高速キャノン砲、肩には小型ミサイルポッド、尾部には接近戦用ビーム砲を新たに装備した。


ほむほむ。これはなかなか面白い。
同じく高速系ゾイドであるサーベルタイガーにも森林戦仕様がありました。

160905c.jpg

こちらは装備をむしろ撤去し格闘戦のみを想定していますね。
コマンドウルフの本仕様とは運用思想がまるで異なり興味深いです。

コマンドウルフの方が後発機なので、実はサーベルタイガー森林戦仕様は思ったほどの効果を出せなかった=そこから学んでやはり森林戦には火力が必要となったのが本仕様なのかもしれない。
追加装備は主に小型機を想定している規模のサイズに見える。対サーベルタイガーというよりイグアンやハンマーロック等を効率的に狩っていたと想像します。
この増設火器じゃあブラックライモスはキツいかな…。


ふたつめ


夜間仕様
夜間に長距離からの狙撃を行う。一発で敵を破壊する強力なキャノン砲を装備しているが携行弾数が少ない。
そのため被発見率の低下に重点がおかれ機体は黒で塗装され、エンジン排気口には排気熱を押さえるための赤外線制御装置が組み込まれるなどの対策が施されている。


さて見ての通り大型の長砲身砲を持っています。
これを見れば分かるように、後年のコマンドウルフ・ロングレンジライフル仕様はアーバイン仕様であると同時に本仕様をある程度再現したものでもあります。
新世紀ゾイドのCPには幾つかメカ生体の箱裏バリエーションやバトスト登場改造ゾイドを意識したものがあります。
カノントータスのヘビーガンには尾部アンカーが付いていますがメカ生体箱裏バリエ「給弾車仕様」には同様のアンカーがあります。
モルガのキャノリー砲も「タイモルガ」を思わせる。
今にして思うと機獣新世紀ゾイドがいかに前シリーズへの深い敬意を持って展開されていたか、そしてユーザーへのサービス精神を持っていたかが思われる。
まあ贅沢を言うと、あの頃にもっともっと前シリーズについての解説をしてまとめ本なども出しておけば良かったのになあ。そういうのがなかったから余計に当時の確執が起こったんじゃないかなぁとも思ったりはするんですが。

さて長砲身の大型砲ですがやはりカッコいいですね。
後部にセンサーのような装備があるのもニクい。


そんなわけでコマンドウルフでした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント