謎の改造ディメトロドン

先日の謎の改造ディメトロドンですが、んー…、なんだろ。
やはり改造ゾイドなのか。



ヒレが残っているようですね。
水に対応…。ヒレがある…。

んー…、ミズウオ型ゾイドなのかな。
ミズウオ画像検索
2mほどにもなる大型の魚です。すごいインパクトですね。ですがヒレが美しく魅力的な魚です。

この改造ディメトロドン、首を大きく延長している。
細長い魚なので、合致するかなと思います。
ただ……、立派な後脚が残ってるんですよねえ。
どうしたもんだか。

ウオディックと連携する水中用電子戦機を開発したい。
ミズウオ型ゾイドを開発しよう。試作機としてはディメトロドンの資材を流用して開発しよう。
だが戦況の悪化から完成に至らなかった…。このシーンはテスト中の所を撃破された瞬間である……。

脚が残っている。あと「泳ぐ」というより下部に船を付けて浮いているように見える。
これは試作機ゆえと解釈すれば何とか納得できる…かな?
当然、ミズウオ型ゾイドとして完成した暁には「自身の力で泳ぐ」事が必須ですが、開発中であると思えば以下のような解釈も可能かも…。

世界初のジェット戦闘機であるMe262は、機体設計が終わり試作機も完成したのですが、エンジンの完成が遅延していました。
そこで出来る部分からテストを始めるべく、急遽として機首にプロペラが装備され、その状態で最初のテストを行いました。
ジェット機なのにプロペラ機として最初の飛行試験を行ったんですね。
その後、エンジンが完成するとそれを装備しテストを継続し…、そしてある時に機首のプロペラは撤去されようやく完全なジェット機としてMe262試作機は飛んだのであった。


下のが試作機です。ジェット機なのにプロペラで飛んでる不思議な仕様は試作機ゆえです。

このミズウオ型と思われる機も、そんな風に解釈できるかな…?
最初のテストを行っていた段階だから、万一の事態に備えて下部に巨大なフロートを装備していた。
また、テスト後には陸上に上がり整備する事が必要。なのでこの段階では脚部を付け上陸できる機能も残していた…。

本来はこれを最初の試作機としてデータを採取し、次に下部フロートや脚を撤去し、徐々に部品をディメトロドンの流用から独自のものに切り替え完成に至らす予定だったのかも…。
こんな風に想像してみました。

それにしてもミズウオはなかなか魅力的なモチーフです。
完成形も見てみたいなあ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント