ライジャー

お問い合わせを頂きましたのでそのお題で!

----------
公式ファンブックの3巻を入手する機会があり、その新旧ゾイドのコラム画面にて、ジオラマアートという形でライジャーとライガーゼロ帝国仕様が写っているものがありました。
ライジャーが一部でも復活した話は聞いたとことがありません。
ゾイドの世界観において、数の少なくなったゾイドは保護政策がとられるものですが、たとえば数体を研究用に戦闘ゾイド化したりするものなのでしょうか。
帝国においてライガーゼロが兵器開発局所属であることも気になります。

----------

ありがとうございます!
ファンブック3巻の新旧ゾイドのコラムのページは、色んな情報が載っていますよね。
ギル・ベイダーが大きく載っていたり、ガン・ギャラドが復刻の可能性が高い?と書かれていたり。

あのページの画面は確か全て「ゾイドバトルカードゲーム」の画像が流用されていたと思います。
ゾイドバトルカードゲームは新旧にかかわらずほぼ全てのゲームが登場するという豪華なカードゲームで、ゴッドカイザーやガリウスまで登場します。
あと、アニメ世界ともミックスしていて例えばガンスナイパー・リノン仕様なんかも登場します。
世界観的にはお祭り的な感じですね。
ライガーゼロ帝国仕様&ライジャーが併走している写真も、カードゲームの中の一枚じゃなかったかなと思います。

バトルカードゲーム用として、たぶん深く考えずに登場していると思うんですが、バトスト的に解釈するとどうなるんでしょうね。
ライジャーのスペックならシャドーフォックスと少なくとも互角に近い戦いが出来るだろうし、最高速度の近いライトニングサイクスと戦隊を組めば凄く強そうです。
登場し量産されていたとすれば必ず戦史に名を残している性能の機体だと思います。
なので、私的な解釈では量産はされていないと思っています。

ただゾイドコアボックスに付属する冊子「プロイツェンの反逆」に面白い記述がありまして、こちらの冊子には機獣新世紀ゾイドにて未復刻に終わった「カノンフォート」「マルダー」「シーパンツァー」「ゲルダー」が登場します。
これらのゾイドについては、「旧大戦の生き残りまで戦場に引っ張り出された」とされていました。
ゾイドの寿命から考えるとご老体もいいとこな機体ですが…、最後の一花咲かせるために戦場にかり出されたようですね…。

機獣新世紀ゾイドの世界では多くのゾイドが絶滅したとされていましたが、それは「野生体が絶滅した」という意味であって、もしかすると既に戦闘兵器化されたゾイドについては健在だったのかもしれませんね。
ただし、もはや新造はできない。既存機のみが存在する状況であるが……というような……。
(ファンブック1巻に「戦闘兵器化したゾイドからは子孫を残す機能が失われる」との記述あり)

ゼロ帝国仕様機と併走するライジャーもまた、そんな風な状況の機だったのかも。
また、ライジャーもライガーゼロも帝国製のライオン型ゾイドです。なので技術的なつながりがあると考えても面白いかもしれませんね。

バトルカードゲームはマニアックで良いアイテムでした。ジオラマもどれも気合の入った最高のものでした。
いずれコンプしてみたいなあと思いつつ、その前に多すぎるので種類一覧を把握する事から始めねば…。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント