プテラスのバリエーション

線画~
本日はプテラスの改造バリエです。
箱裏には二種類の改造バリエが載っています。
では早速。

一つ目。


夜間爆撃仕様
サラマンダーの量産が間に合わないため、急遽プテラスの爆撃仕様が計画された。
夜間用レーダー、レーザー測距器などが追加された。


プテラスは軽爆撃機としても運用できる能力を持っていますが、本使用は特に「夜間」爆撃用に最適化されている模様。
サラマンダーは当時「ブラックエンジェルズ」と呼ばれる夜間爆撃部隊を編成していました。
おそらく本仕様はブラックエンジェルズの装備機として運用されたと思われる。


ブラックエンジェルズ。帝国軍としては何とも恐ろしい部隊だった事でしょう。
しかし、サラマンダーやプテラスをもってすれば帝国空軍…この時期はシンカー…など容易く蹴散らせよう。
なのに夜間爆撃をしているのは興味深いです。
思うに、帝国軍の地上からの対空砲火が苛烈を極めたのだろうなぁ。

日本海軍のエース、岩本徹三中尉はこのような言葉を語っている。
「どんな場合でも、実戦で墜されるのは不注意による。まず第一は見張りだ。真剣に見張りをやって最初にこちらから敵を発見する。そして、その敵がかかってきたら、機銃弾の軸線を外す。そうすれば墜されることはまずない。地上砲火による場合。これは、どうにもならん。避けようがないからな。その場合は潔くあきらめるさ!」

帝国軍のゾイドは標準仕様でさえ対空装備の充実が凄い。
更に改造バリエとして「対空用」が多い。
これら対空を極めて重視した帝国軍の力をもってしても共和国空軍を防ぐ事はできなかった…わけですが、一定の成果はあり攻撃を夜間に移行させる位の効力は出してたのかも。

二つ目。


複座型仕様
パイロット養成用にコックピットを大型のタンデムシートに改造、後期型はバルカンを対地用の口径の大きいものにし、バーニアを追加した。
尾翼は2枚にし低空性能を高め、対地攻撃用に使用された。


複座型とは妄想が膨らむバリエーションです。
パイロット養成…練習機との事ですが、解説を読むと一線での運用も行われたらしい。どっちゃねん。
まぁ、偵察や爆撃などは一人で行うことは難しく、複座以上が望ましい。
おそらく、練習機としても運用されたし、場合によっては一戦での運用も行われたという事でしょう。
メインは練習機かな。プテラスやサラマンダーのパイロットを多く育てた事でしょう。


本仕様について、「プテラスの一人前パイロットを育てる為の練習機」という観点から以下を考えてみます。
プテラスに練習機タイプがあるのは興味深い事です。
というのも余剰となったであろうグライドラーやペガサロスを練習機に回した方が資材の有効活用の点から良いと思える為です。

戦闘機械獣のすべてによると、ペガサロスは元々は制空戦闘機であった。だがより高性能のプテラスが登場してからは対地攻撃機や軽爆撃機として運用されていたらしい。
制空戦闘機:プテラス
攻撃機・爆撃機:ペガサロス
という構成です。
しかしプテラスは対地攻撃も爆撃もペガサロス以上に出来る。
そんなわけで量産が進んだ後はペガサロスから攻撃機や爆撃機としての任務も引き継ぎペガサロスは一線を退いていったのであった…。

だとすれば、その後のペガサロスは練習機として”再利用”されたと考えるのが妥当です。なのにプテラス自身でもって練習機さえまかなっているのは実に興味深い事です。
これを考えた時に、ペガサロスとペガサロスでは「飛行ゾイド」という部分では共通する。しかし飛行時の特性が違いすぎて訓練になりにくいのかなと思いました。

多分…、ペガサロスは高速性でもって一撃離脱戦法を得意とする風に見える。逆に運動性はそれほど高くないと思う。
対してプテラスは、翼の形状から運動性が極めて高い。格闘戦を得意とするように見える。
(ただし、もちろん高速性もあるから一撃離脱戦法も可能ではあろう。プテラスは万能だ)

プテラスの特性を引き出すにはプテラスでの練習が必須。
というわけで、わざわざ最新鋭機であり一線に一機でも多く送りたいプテラスだがぐっと堪えて練習機仕様を作ったという事なのかもしれないなあと思いました。
「ぐっとこらえてプテラスの練習機仕様を作った」この事が多くのプテラスの特性を最大限に引き出す名パイロットを生み共和国空軍の力をぐっと押し上げたのかもしれないなあと思いました。

ただ、じゃあペガサロスは全くもって再利用されていないのかと言えばそんな事もないと思います。
一口に練習機といっても「初等練習機」「中間練習機」「高等練習機」という風ににも色々な種類があります。
イメージ的にはグライドラーを初頭練習機(こやつは民間にも払い下げられた機もあったらしい)
ペガサロスを中間練習機、
プテラス練習機仕様を高等練習機と捉えれば良いのかなと思いました。

とりあえず言えるのは、共和国空軍はまったくもって贅沢だなという事です。

シュトルヒは…、厳しかっただろうなあ。
敗戦直前に就役した「遅すぎた名機」
登場時期から考えて、プテラスと違い訓練機仕様を作る余裕はなかっただろう…。作ったとしても極小数でしかない筈。
訓練期間も極端に短い。
飛行特性の全く違うシンカー…ないしシミュレーター等での訓練を余儀なくされた帝国空軍が、超超充実した訓練を経た共和国空軍を迎え撃った姿は悲壮の極みです。
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント