梅田にて

梅田に行ったのであれやこれや行ったのでそんな感じの報告。
出かけるとまあ年末を感じずには居れないです。
今年は10月の終わりに引っ越してバタバタ続きだったので季節を感じる暇もない感じだったんですが、もうあと二週間もない内に今年が終わっちゃうのねえ…。
一年の長さはどんどん短くなって感じられるといいますが、今年は特に短かったなあ。年賀状とかも描かねばいかんなあ。

梅田のヨドバシではHMMダークホーンを購入。



ちうか、実は既に一つあるんですが。追加でもう一機買ったった。
箱絵のシチュが改めて良いですねえ。レッドホーンを倒す事とか、よく見ると黒く塗るなと描いてある事とか、後ろの方のデッド・ボーダーやホエールカイザーだったり、ダーク・ホーンのドクロ的なマーキングとか。
この絵でシーンの情景が凄く伝わってくるし物語的に惹き込まれます。

HMMダクホのシーンはニカイドス島と思えるのだけど、この時点でダーク・ホーンが登場していることについては当時ちょっとした議論になった覚えがあります。
この絵はバトリサ3巻にも大きな影響を与えています。いろんな意味でHMMシリーズの中でも特に印象深い一枚です。

それにしても、HMMジ・オーガ(予約済み)も控えているのに追加で買っちゃったんですが、なんていうか新世紀以降「ダーク・ホーンは限定の貴重品だから見つけ次第全力で確保せよ」みたいな意識が強くてついつい手に取っちゃう。
新世紀以降で通常販売のダーク・ホーンと言えばエヴォドライブ版とHMM版だけだったかな。その他は限定ばかりだった気がする。
予定ではLBダーク・ホーンも通常販売される筈だったと聞きますが、これは結局キャンペーン品に留まってしまい残念でした。
(ガトリングだけ持ってるんですが、えれえ良い出来です。LBゴジュラスMK-IIの追加装備ランナーを見れば出来の良さが想像できると思います)
LBシリーズ、再開しないかなあ…。

レッドホーン系と言えば、まぁ難しいのは承知で書きますが、漫画版機獣新世紀ゾイドの最新式レールガンのやつが凄く好きなので、なにかの折に立体化されないかなあと夢見ています。
あれはもうデザインも設定も最高だった。あの武器だけボディと色が違う(おそらく銀色)のも、いかにも最新兵器を横流しして突貫で付けた感じが出ていて良かった。
上山先生の漫画は今見返すと世界観の広がりが本当に凄いなあと思います。
荷引きのスキッパーのように何気ない部分でゾイドの種類が発売されているものだけではなく膨大だという事が分かるし、気の利いた改造機でノーマル仕様だけではない感じが上手く出ていると思うし。
メカの描写も正確さや細部より迫力を優先している感じが良い。

実質的に未完状態で終わっちゃったのが惜しすぎる、、、。
ラストの方を見ているとオリジナル仕様や設定がどんどん増えていて、あのまま続いていたら上山先生独自解釈によるゾイド観が更に加速していただろうなぁと思います。
もはや公式展開のゾイドとしてはどうかという部分も出てきたと思います。掲載漫画が変わった背景にはその影響「も」あったのかなと思います。
ですが、そんな事は構わないのでいち魅力ある作品として続きを見たかったなあと思います。

私はゾイドのバトストの部分が好きなのでそこにこだわっているんですが、一方で言うとゾイドという題材がとても美味しいのでバトスト以外にも色んな世界が生まれると良いなとも思っています。
もっともっと自由な。色んな方向で描かれていってより多くの人がゾイドを楽しめるような感じというか。
漫画版のゾイドはその大きな魅力ある方向になりえたと思うのでちと残念。

その後、梅田のまんだらけに。
3Fのゾイドキットコーナーはいつもと同じような感じ。特に目新しいものもなくスルー。別所にあるお宝ショーケースには相変わらずお宝ゾイドの数々がありますが、手がでねえ・・・・。
ただ、2Fの本のコーナーでは新世紀ゾイドの公式ファンブックが1~4揃って入荷していました。機になる方はチェックしてみては。
価格は1巻が1500、2巻以降は2000~2800円位だったと記憶しています。
なお「機獣新世紀ゾイド」で分類されているらしく「か行」のコーナーにありました。

そんな感じでした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント