1990年の恐竜図鑑ゲット

新年早々いいものをゲットしたので少し紹介します。
個人経営の古本屋巡りをしていたところ、


こちらの古い恐竜図鑑を安くで手に入れる事ができました。
小学館の図鑑です。1990年初版発行。いい感じに古いです。

表紙はステゴサウルス。よく見ると背中のヒレが一列で復元されている珍しい絵ですね。
この頃はステゴサウルスの背びれは一列だった説VS二列だった説で議論がされていた時期です。
ゾイドで言うと、ゴルゴドスのような形なのかゴルドス・ゴルヘックスのような形なのかで議論がされていたのですね。
現在は状態の良い化石が見つかり二列だったとほぼ結論されています。

時代を感じます。
そう、時代を感じたいので買ったような感じ。

1990年というと、あのジュラシックパークが公開される3年前ですね。
その時期の恐竜図鑑の絵はどんなのだろう。

ちなみに、うちにはもう一冊古い恐竜図鑑があります。

右側の始祖鳥の方の図鑑です。1972年初版発行のものです。この図鑑は若干の改定をされつつ80年代後半まで販売されていました。
(左のは今回ゲットした図鑑です。カバーを外した中表紙はとリケラトプスだった)


そちらの方はこんな感じ。実にオールドですね。これはこれでカッコいいので好きだな。
7~80年代の恐竜。
これが今回ゲットした1990年の図鑑ではどう進化しているのだろう。


おおお、ちょっと進化してますね。でも現代のものとは少し違う感じもする。
過渡期を感じます。
前傾になりつつも尾は引きずっているものが多い感じ。
しかし、こうやって少しづつ研究が進んでいき、そして現在に至っている事がよく分かるものでもあります。
とても面白い。

そうそう、1990年の図鑑という事で今の図鑑にはない面白いものも乗っていました。


「ウルトラサウロス」
本種が史上最大の恐竜として紹介されていたのです。
本種は数年後に、「実は居なかった」事になる悲運の恐竜です。
(本種の化石と思われていたものが実はスーパーサウルスの化石であると判明し抹消された)
このような、今では「抹消されている」恐竜が見れるのも古い図鑑の醍醐味。

ゾイド・ウルトラザウルスは、1986年発売。
その当時に史上最大の恐竜であると信じられていた本種をモチーフにしています。
ウルトラサウロスは1979年に発見されました。
当時、史上最大の恐竜だと思われていたのはブラキオサウルス。それよりも大きな新種が出たとあって本種は世の中に衝撃を与えました。
余談ですがブラキオサウルス型のブラキオスが中型止まりなのは、おそらくウルトラサウロス=史上最大=超巨大ウルトラザウルス。ブラキオサウルス=大きさで抜かれた=中型ブラキオス。というものになったからだと思われます。

ウルトラサウロスは発見された1979年~1990年代初頭にかけて大きなブームを起こし…、そしてその数年後に存在が抹消されてしまった…。
そんな華やかだか悲しいんだか分からない本種ですが、そのような背景を知ればゾイド・ウルトラザウルスが世の中の動きに大きく影響を受けて開発されたことなども分かります。

さて、そんな感じで良いものをゲットしました。
恐竜の復元がいかにして発展しているかに凄く興味があるので、他の年代のものも機会があればゲットしていきたいなと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント