Zナイトとオーガノイド

昨日の続きです。
昨日の記事ですが、実は「Zナイト」シリーズが発想の起点になっています。

Zナイトは関心が低い方も多いかもしれませんが、ゾイドシリーズの謎解きにからめると色々と興味深いです。
もちろん完全に分離するのもありだとは思いますが。

さてZナイトシリーズはゾイドシリーズの続きだとすれば不思議なところが幾つかあります。
本作のストーリーは冒頭において
「ゾイド星から地球に帰還するグローバリーIII。そこには6つのゾイドコア(メタルハート)が積まれていた」
「このコアを使用して誕生したのが6体の装甲巨神である」
とされています。
6体の巨神とは、Zナイト、マリンカイザー、ゼロス、ガイム、イーグルヘッド、フレイムソル。

また「六つの生命が目覚め、七つめの生命が訪れるとき青い惑星の運命が決まる」との謎めいた文章も出てきます。
六つの生命とは6体の巨神の事。
Zナイトストーリーは最終局面にてキングゴジュラスが登場した。すなわちキングゴジュラスが七つ目の生命であると思われます。
謎めいた文章、私は6体の巨神とキングゴジュラスが同格というか、そのように扱われていると感じました。


Zナイトの不思議なところを書きます。
一つは、Zナイトは「ゾイドコアを使用した人型兵器」なんですが、これはゾイドの設定と照らし合わせた場合、動くのだろうか? という事です。
あまりにも姿が違うので無理なんじゃないかと言う事です。
しかし唯一、ゾイドシリーズで自身の姿とは関係無しにメカと同調できるものが居たじゃないか。オーガノイドだ。
もしかすると、6つのゾイドコアとは「オーガノイド」の事ではないだろうかと思いつきました。それゆえに人型になっても動くというわけです。

Zナイトは劇中で「グレートZナイト」に進化します。これは外装を人工的に張り替えられたわけではなく、Zナイト自身が自己進化した姿とされています。
真オーガノイド・デススティンガーの自己進化とかぶって思われます。


不思議なところの二つ目は、Zナイトのストーリーにはゾイドは割と普通に出てきている事です。
敵としてガン・ギャラド、味方機としてデス・キャットが出てきます。
これをみると、「グローバリーIIIには6体のゾイドコアが積まれていた。それで6体の巨神が作られた」という設定がおかしくなる。
もっと多くのゾイドが積まれていたんじゃないか と思う。
私は「グローバリーIIIには大勢のゾイドと6体のオーガノイドが積まれていた」のだと思いました。

Zナイトシリーズは最終局面にてキングゴジュラスが登場します。
先に、「6体の巨神とキングゴジュラスが同格と感じた」と書きました。
すなわち、もしかするとキングゴジュラスはオーガノイドシステムを搭載しているのかなとも思いました。
そうすればバケモノみたいな強さも説明できるというものです。


キングゴジュラスがいかにしてオーガノイドシステムを搭載して開発されたか。
他の6体のオーガノイドはいかにして開発されたのか。
その辺はまた明日に。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント