Zナイトとゾイド

先日のナノマシンやキングゴジュラスについて記事を書きました。
そこへの追加の話題というか補足というかそんな感じです。

今回の説ですが、「Zナイト」シリーズがきっかけとなったひらめきでした。
さて「Zナイトにはゾイドがけっこう出ている」と書きましたが、それらを見てみよう・・・。

まずこちら。

黒いデス・キャットが「パンサー」の名で呼ばれてZナイトと行動を共にしています。
こっちの方が暗黒軍っぽいカラーに見える・・・。

これは割と序盤の頃です。
このエピソードは森に潜む「魔王」と呼ばれるメカ獣をZナイトとパンサーが倒すという内容でした。
「魔王」はガン・ギャラドでした。
本エピソードは「特別編」というていで掲載されています。なので正史に含めるかが微妙な所なんですが、個人的には含めて良いと思っています。
ところでデス・キャットはメカ生体ゾイドで初登場した際は名前がまだ決定しておらずパンサーと呼ばれていました。
その仮称がここで活かされたのは面白い事ですね。

デス・キャットやガン・ギャラド。これらメカ生体ゾイド末期のキットは、Zナイトが展開していた当時はまだまだ玩具屋の店頭在庫として残っていました。
現在は店頭商品の回転は早く、売れ残った商品は即座に撤去される。そして最新玩具に更新されるようになっています。
ですが90年代中ごろまでは売れ残った商品は値下げしつつ売れるまで気長においておくような所も多かった…。
個人経営の玩具屋がまだ多くあった時代だからでもあります。
まぁ、この時期はまだ末期ゾイドを手に入れる事は容易だったと言う事ですね。だから、こうして登場する機会を得たのかもしれません。


次。これは有名だと思います。

物語の中盤で、シールドライガーMK-IIが登場します。
Zナイトがギルガの不意打ちを受けてピンチだ! という所で突如として登場。ギルガに挑みます。
格闘戦で優位に戦いを進めるも、防御力とパワーで勝るギルガはダメージを無視して反撃に転じる。
結果、シールドは無残に引き裂かれたのであった…。


シールドを見ると、中央にコアが入っています。
作中でも、「謎のメカの中から、なんとメタルハートとそっくりなものが出てきたではないか」のような記述があります。

コアはZナイトと融合してZナイトに新たな武器を授けます(胸部から大型砲が出てきた)。
これにてZナイトは反撃に転じ、ギルガを無事に撃退したのであった…。

ゾイドの中にコアが入っている。
Zナイトは思っているよりもずっとゾイドの設定を受け継いでいて、シリーズのつながりを意識した構成をしているのかもしれないなぁ…。

ただこのシールドには大きな謎があって、出現時の描写が…。

このように空に穴が開いて突如として現れているんですねえ。最後まで、なぜ現れたのか。いかにして現れたのかは分からなかった。
この穴ってワームホール(ホワイトホール)なんだろうか。
コアが融合して新たな武器を授けたことといい、この辺の描写はまた別に考える必要があるかも。


次、これは最終決戦時のキングゴジュラス。
最初は恐竜のような姿で出現する。


次に、攻撃を受け、光を放ちながら「ゴジュラス」の姿になる。


そしてその後に「キングゴジュラス」の姿になって大暴れ。


野生体→ゴジュラス→キングゴジュラス へと変化しているようにも見える。
野生体はちょっと生っぽすぎるけど…。
変化が一瞬なので、エヴォルトのようでもある。

先日、「キングゴジュラス=オーガノイドで進化したゴジュラス」の説を出しましたが、実はこの記事の影響を受けて導いたものでもあります。
恐竜の姿は「偽装」という解釈をされています。
最初は恐竜だと思わせて油断を誘い接近させる。接近させたところで真の姿を出し一気に殲滅する。

ですが、そうであれば恐竜の下からキングゴジュラスが出るはずだ。
わざわざ「ゴジュラス」という中間形態になる必要は全くない。にも関らずゴジュラスを経てキングゴジュラスになっているのだから、これはもう何か意味があるのではと思ったのであります。


「キングゴジュラス=オーガノイドで進化したゴジュラス」の記事は、「なぜ、より強いマッドサンダーにオーガノイドを搭載しなかったのか」という疑問が出ると思います。
わざわざゴジュラスを選んだ理由とは? より強いゾイドを選ばず、この時代においてはそんなに強くもないゴジュラスをなぜ選んだ?
それは、オーガノイドが「戦闘経験を積んで、その結果として自己進化が出来る」という部分です。

ゴジュラスは古い機体です。アーリータイプは地球人来訪(ZAC2029)より前から登場していた。
仮に2020年とでもしておこうかな。暗黒首都攻略作戦がZAC2055年なので、35年分の運用データがある計算です。
しかも、本機特有の事情として
「最初はノロマだった」
「地球人による強化で俊敏に生まれ変わった。格闘戦で無敵時代を築いた」
「砲撃で撃破された」
「自身も砲力を加えて強化された」
ような、極めて濃い歩みを経ています。改造ゾイドもありとあらゆるタイプがあります。

対してマッドサンダーはZAC2048年完成。暗黒首都攻略作戦までには7年目分の運用データ。ゴジュラスの1/5しかない。
しかもマッドサンダーは対デスザウラー用特化機であり想定通りの運用をされた。その後、ギル・ベイダーには有効な反撃があまりできなかった。
ゴジュラスが技術進歩や戦況に対応して常に変化し続けた(経験を多く積んだ)事と比べれば、進化に活かせるデータは少ないと言える。

だからこそのゴジュラス母体という意味です。
緒戦から参戦し数々の経験を積みながら一線に立ち続けたゴジュラスだからこそ、その偉大なる経験を元に進化できたというわけです。
最新鋭機では為しえないゴジュラスだからできた事です。

もしも同様の強化が見込める機体があるとすればレッドホーンかアイアンコングかな。
でも両機もゴジュラスほどの多彩な経験はないと思う。やっぱりゴジュラスはゾイドの顔だと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント