極初期ゾイドの開発時期

「開発時期」というのは興味深いテーマですが、極初期のゾイドについてはなかなか判断が難しいものでもあります。
「第一次ゾイド開発競争(ZAC2031)」以降のゾイドはほぼ確定させる事が出来ます。ですがそれ以前の旧式機は難しい。

私はガリウス、グライドラー、エレファンタスの三種類は王国時代に開発されたと判断しています。
ただしそれ以降のゾイドは共和国、帝国の双方で独自に開発されたと思います。

フロレシオスは、開戦時から登場しています。
History of Zoidsで詳細が語られています。
中央大陸戦争最初の戦いは「レッドリバーの戦い」でしたが、この戦いにおいてフロレシオスはレッドリバーをのぼって帝国軍を攻撃したとある。
本機の型番はRMZ-10
という事はRMZ-09以前のゾイドはおそらく既に完成していたと思う。

ビガザウロは初の大型ゾイドとして「緒戦では大活躍をみせた」とされている。
この事から、国家分裂時点では大型ゾイドはなかった。分裂後に共和国軍が独自に開発したとみるべきだと思う。
フロレシオスはビガザウロやマンモスよりも後に出た機体である。
という事は、国家分裂~開戦までに共和国軍は小型機としてグランチュラ、アクアドン、ゴルゴドス、ハイドッカー、ペガサロス、スパイカー、フロレシオス。大型機としてビガザウロとマンモスを完成させていたという事か。

しかしなあ、と思う事があります。
第一次ゾイド開発競争は、「空前」の規模であったとされている。
この時に登場したとされるゾイドは共和国側で2(サラマンダー、バリゲーター)、帝国側で7(マーダ、ゲーター、モルガ、ゲルダー、ザットン、マルダー、シンカー)
合計9。
短期間にこれだけの新型機が登場するなどかつてない事であった…。

だが国家分裂はZAC1978年。開戦はZAC1980年。わずか二年。
二年で共和国軍が小型ゾイドを7、大型ゾイドを2、合計9も開発しているのならこの時期も空前のゾイド開発時期だと思うのだけどなあ…。
というかこの時期の方が凄いような気もする。
二年という期間で前例のない大型ゾイド開発を含めて9機を完成。分裂後は国民も大きく動揺した波乱の時代だったと思うのだけど、その中で開発できたっていうのも凄い。

もしかするとなあ・・・という事があります。

ヘリック王国というのはZAC1956年の建国です。
ヘリックII世(後の大統領)はZAC1957年誕生。ゼネバスは翌年に誕生。
ヘリック王の死去はZAC1975年。
王国のトップはヘリックII世に引き継がれる。II世はまず王国を「共和国」に変え自らは大統領の座に就いた。
さてヘリック大統領はこのとき18歳。ゼネバスは17歳。
これはちょっと若すぎる。
若すぎるとすれば傀儡だった可能性も高い。

ヘリック王国建国以前の歴史を見ると、中央大陸では「ガイロス同盟軍」と「ヘリック連合軍」の二大勢力の戦いであった。
両者の戦いは終わらず、犠牲者の増を見かねたヘリックがとんでもない作戦を実行する。
それは暗黒大陸をそそのかして中央大陸への襲撃をさせるというものであった。
暗黒軍の襲撃により中央大陸は一つになった。それによってヘリック王国が誕生した。

王国誕生直後の頃は「平和っていいわー」的な雰囲気であっただろう。
だがのどもと過ぎると熱さを忘れるのが人である。
ひと段落するとやっぱり対立するような風潮があったのではないだろうか。

ヘリック王はZAC1975年に死去。
78歳というゾイド星人としてはかなり若かった。という事は王国成立以前の苦労から病にかかっていたと思える。
数年は、表向きは王であり王国のトップであるが、実質は寝たきりで政治は周囲のものに任せるような状況だったのやもしれぬ。
仮にZAC1970年ごろからそうであったとしよう。

偉大な王が実質的に政治を退いてからというもの、周辺では王国の実権を狙う者達の醜い争いが起こっていた。
王位を継承するのは二人の息子のどちらかだろう。その座に付く事はできぬ。
いやしかし、二人の息子は若すぎる。ならば操ってやれば良い。
かくして、ヘリックII世派とゼネバス派が誕生する。
この派閥は、後の国家分裂の基盤を作ってしまう事になる…。

さて両派閥は王の死後は短期間で国家が分裂する事を確信し、戦争になる事までを予見する。
そこで優位に立つべく水面下で開発を進める。
ただし正式に配備する事はしなかった。
分裂後に自軍独自のゾイドとして配備するべく、自らが囲う同じ派閥の科学者に開発を任せていたのだ。
分裂後は直ちに実機の完成が出来るよう、高レベルで開発は進められた。

こうして事が進んだZAC1978年に国家分裂。
共和国派はただちに裏で開発していた機体を具体的に製作し、ZAC1980年の開戦までに完成させた というような。
そんなわけで大型2を含む総勢9種類のものゾイドが一気に誕生したにも関らず、この時期の開発は空前のなどとは呼ばれない。
むしろ10年ほどの時間をかけて行われた順当な開発であったと。


なお帝国軍にしても開戦の時点でマーダやゲーターを配備していたので、ゼネバス派も同じような事をしていたと思える。
(アーリータイプであるが)


もう少し捕捉すると、昨日紹介したように開戦時からフロレシオスは確認されるのだがその時点ではバラストタンクの小さい先行型であった。
我々がキットとして知る姿にまで完成するのはもう少し後の事だったのかも。
そんな風に前史の時期を考えてみました。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント