ミドルゴジュラス

こちらゾイドゴジュラス。



さて今回はゴジュラスの変わったバリエーション機を描いてみました。


84年~85年にかけてコロコロで連載されていたおちよしひこ先生の漫画、ゾイド創世記に登場するゴジュラスです。


通常よりも小柄なゴジュラスが、主人公ジョーの愛機として登場しました。
ディティールがかなり省略されており、デザインにもアレンジがある。
偶然だとは思いますが、後のLBゴジュラスにとても似ている。


線画はLBゴジュラスを参考にしつつ漫画版のデザインを拾いつつ描きました。
漫画中ではこの小型ゴジュラス(勝手にミドルゴジュラスと読んでいる)は運動性が高くてビーム砲を避けたり大ジャンプしたりできる。
また柔道技が使えたりするテクニカルなゾイドでした。
一方でアイアンコングと格闘戦をした際はパワーで押し切る事ができず、どうもパワーは低いようでもあった。


大きさはおそらくこんな感じだったと思われる。
レッドホーンと大差ない体格にまで小型化していました。
(ただし、べつに作中で小型という設定で登場したわけではない)

漫画は漫画としてもいいんですが、バトストとからめるなら、んー・・・。
通常、兵器というのは高性能化に伴い小型化します。
地球人はゾイドを小型化しようとしたのかもしれない。
でもゾイドの力…秘めた強大なパワーを活かすには大柄な機体として設計する方が望ましいことが判明し、この路線は打ち切られた。
ミドルゴジュラスは初期において試作された小型化したゴジュラスで、運動性能が高かった。だがパワーは低くなっており量産型として採用される事はなかった。
ジョーは本機の運動性能にほれ込み愛機として戦った。
みたいな感じかな?

History of Zoidsには、ジョー仕様として別のゴジュラスも登場したりします。
エースパイロットであるジョーは二機のゴジュラスを持ち用途に合わせて選んでいたのかもしれませんねえ。
そんな感じでミドルゴジュラスです。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント