バトルホーン

レッドホーンのバリエーションを書きました。
同機の改造機の中でも極めてマイナーに属する・・・一方でかなり魅力的な仕様です。



登場するのは86年に発刊された学年氏の特別増刊号「小学生 夏の本」という雑誌。
この本はすごくマイナーなんですが、ゾイド情報が結構濃い雑誌です。


残念ながらこの本は国会図書館ではまだデジタル化されていません。
マイナーな本はどうしてもデジタル化を後回しにされちゃうんですね…。

現物の本も、東京本館と関西館には所蔵なし。
唯一、上野にある「国際こども図書館」にのみ所蔵されています。
観覧時はここに行き、受付で申し込めば現物を持ってきてくれます。れっつ上野。

夏の本のほかにも、小学六年生にも一度登場した事があります。
ただ両雑誌とも機体紹介のみで、具体的なバトストはありませんでした。
残念だ。


名称は、夏の本だと「レッドホーンアタッカー」
小六だと「バトルホーン」になっています。
んー、どっちだ。
背中のユニットの名前が「アタッカーユニット」で、これを装備した状態が「バトルホーン」てな所だろうか。

レッドホーンの改造機ってばロングレッグサリーみたいなトンデモが多い気がするのだよねぇ…。
ブルスタインも角や尻尾が無くなってたし(本機は小三に掲載されたときは「レッドホーンをウシ型に改造」という事で行われた。なのでそうなっているのだ)。
バーナスはかっこいいと思いますが、火炎放射器装備の特殊機だからなあ・・・。

そこへきてバトルホーン。
超巨大な砲塔を背負ってまさに戦う気にみなぎっていて素敵。
色も迷彩も、いかにもミリタリーな雰囲気を出している。

改造は比較的容易だと思います。
二連加速ビーム砲、三連電磁突撃砲、偵察ビークルを外して、かわりに大き目の戦車の砲塔を付ければ完成。
戦車の砲塔ですが、イギリス戦車のチーフテンMK5のものが使われているようです。
チーフテンは120mm砲を持った戦車なので、バトルホーンの砲も120mmと解釈して良いのかなーと思います。


色は迷彩も良いのですが、ノーマル機のままでも素敵かな。

本仕様はおそらくですがゴルドスに対抗している気がする。
同機は105mmキャノン砲を持ち後方支援で恐るべき力を見せた…。そこで帝国軍は同様の機体を欲してレッドホーンを改造した。
ゴルドス以上を達成するべく口径は120mmに。
この時代においてはゾイド星最大最強の砲が完成してレッドホーンに詰まれた。
砲塔内部には弾薬スペースも十分にあり撃ち続けることができる。
投光機などの装備もあり抜かりない仕様である・・・・・・・・。

だったのだが、帝国軍はもともと大口径キャノン砲の開発の経験が少ない。
それなのにゴルドスに対抗して欲を張って前例の無い120mm砲を作ったのだから、失敗作となってしまった。
具体的には砲身強度が弱く連続発射に耐えられないものになってしまったのだ…。
それゆえ本仕様が量産される事はなかった。
大口径キャノン砲の失敗によって、帝国軍は長距離砲としてはミサイルの開発に注力するようになり後に傑作「アイアンコング」が誕生する…。
みたいな妄想をしました。

バトルホーンの120mm砲ですが、おそらく帝国軍のキャノン砲としては最大口径を誇る。
これ以上に大きな砲はビーム砲などでありキャノン砲ではない。
サーベルタイガー・ザ・スナイパーの砲も口径は小さいし。
あんがい、本仕様は帝国開発史を読み解く上で重要な機体かもしれませんね。

細かいところですが、あごの下の濃硫酸砲が無いのが好きです。
これを外しているということは接近戦を想定せず長距離の砲撃に特化していると言えると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント