ハリネズミ

ディバイソンの改造タイプを書きました。

ヘッジホッグです。バトスト4巻の超超重武装の本機に衝撃を受けた方も多いのでは。
バトスト4巻の紹介ページでは、アングルのせいもあり本当に重戦車のように見えて迫力満点なのですね。

本機の背中のユニットは旋回式対空砲とされています。
でもって、


こちらの、対空ウルトラザウルスの背中のユニットとほぼ同じ形状をしています。
これは実に面白い事実です。

いわゆる「改造セット」は量産されて各ゾイドに装着されています。

この対空ユニットも、ゴジュラスキャノン等ほどではないが、ある程度は量産されて各機に装備されていたのかも。
実際にそういう機が画面に写った事はないんですが、たとえば旧式化したもののペイロードはかなり高いマンモスに本ユニットをつければ優秀な防空機として延命できそうでもある。
存分に暴れまわってもらいたいです。
まあ、突撃してこそナンボのマンモス型機械獣としては不満が溜まる仕様なのかもしれませんが。


さてヘッジホッグ、色はノーマルと同じような感じです。戦車のイメージなのであまり派手な感じにはしたくなかったのかなと思いますね。

対空砲の他にはミサイルやキャタピラを装備。
ミサイルは幾つかに色が分けられているので、「対空」「対地」など用途が違うのかもしれない。

キャタピラは、ゴジュラス「ベン・ハー」とは違って「脚を残したまま、補助装備としてキャタピラを装備」というものになっている。
たぶん、普段は脚で歩行し、脚では行動困難な地帯ではキャタピラに助けられながら動くのだと思う。

理想的ではあるが、一方で普段においてはキャタピラがデッドウェイトになっている事も否めない…。
そこから更に考えると、本機は脚では行動困難な地帯に投入される前提で開発されたのだろう。
学年誌では中央山脈に派遣されています。

さてさて、ヘッジホッグについての雑学。
本機はまさにてんこ盛りな仕様です。パワーのあるディバイソンらしい改造だなあとは思いますが、初見での印象はやっぱり盛りすぎてないか?というものでもありました。
その理由を紐解きましょう。

実は本機は、小五に掲載された…、


この改造講座が元になっている。
「初級コース・ミサイル増設」
「中級コース・対空砲を付けよ」
「上級コース・キャタピラで脚力強化」

初級は武器を接着剤で付けるだけ。
中級はプラモを組んで微妙に形状を調整して付ける。
上級はプラモを改造してからゾイドに付ける。
という、なるほど良い講座ですね。







で、気付いたかと思いますが、ヘッジホッグというのはこの一連の講座で出来上がったものを統合した豪華仕様です。
統合時に更にミサイルを増すなど一部に調整が加わっています。
こんな風に見るとヘッジホッグが更に面白く見えてきますね。

そんな感じでヘッジホッグでした。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント