ついに誕生、共和国MK-II強襲部隊

バトスト3巻の中ほどのページには、ゴジュラスMK-II、ディバイソンMK-IIタイプ、シールドライガーMK-IIタイプ、コマンドウルフMK-IIタイプが部隊を組んで行進する姿が映っています。このシーンを印象深く覚えておられる方も多いのでは。


夕日は常にゾイドをカッコよく見せる。
手前の兵士が走ってる感じもカッコぇぇです。
しかしまあいつもながらゾイドに随伴する歩兵の方々は大変ですな。部隊の速度は何キロだろう。
んー、でも非戦闘のシーンだし、各機が1機ずつとても収まりの良い位置に居るというのは出来すぎている気もする。
国内に向けたプロパガンダ写真を撮るよー てなシーンなのかも。

さてこのシーンに登場する機をすべて再現してみました。
ゴジュラスMK-IIとシールドライガーMK-IIタイプは以前に製作していました。


今回は、これに加えてディバイソンMK-IIタイプとコマンドウルフMK-IIタイプを製作しました。
まずはディバイソンMK-IIタイプ。

腰の対空機関砲を撤去してゴジュラス用の長距離キャノン砲を装備。側面図では分かりにくいんですが、なんと三連装で付けています。
パワーのあるディバイソンならではだなあ…と思うものの、やっぱり無理がある気もする。
せめて二門ならまだ良いのですが。

次にコマンドウルフMK-IIタイプ

背中に各種装備を大幅追加。
ゴジュラスMK-IIの四連速射砲を横に置いています。
設定ではこれは四連速射砲ではなく対空ミサイルとされている。
基部はゴジュラスMK-IIの尾部衝撃緩和装置や腹部ミサイルから作られている。
部品さえあれば再現は容易な部類と思いますが、パーツが限定版のものだから厳しいな・・・・・・・。
という事で3巻のMK-II部隊です。

ところで「MK-II」と「MK-IIタイプ」というのは何か違うのかな。制式機か暫定的な強化仕様かという事かな。
シールドMK-IIタイプは後のMK-IIに。
ディバイソンMK-IIタイプは後のビッグ・バッド・ジョンに。
コマンドMK-IIタイプはかなり後年のATなどにつながっていそうな気がする。
こんな風に考えるとますます興味深い。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント