HAHAHAどこからどう見てもゴジュラスキャノン砲じゃないか

レッドホーンのバリエーションを描きました。
みんな大好き、ロングレッグ・サリーです。


バトスト2巻でこやつが登場した時は何事かと思いました。
なんかレッドホーンが活躍してるけどヒョロヒョロなんだけど!?

バトスト2巻ではアングルの関係で脚の長さは今ひとつ分からないんですが、学年誌を見ると全容のつかめるアングルが掲載されていました。


いやー、しかし凄いですなこれは。
脚が長いのは当然として、付き位置も変わっているのです。
本来脚が付いていた部分には、前脚:三連電磁突撃砲、後脚:ビークル発射用カタパルト(?)が付いている。
で、長い脚は本来よりも少し下の、動力ボックスの電池蓋があるような位置から生えている。
どんだけ足長にしたいのだよという仕様。

まあ解説にもある通り、城壁を越えて砲撃する事が目的だった単一の目的にのみ超特化した特殊仕様なのでこうなったのだろう。


色はミリタリーな感じ。
部分的で黒で塗るアレンジを加えています。
なお本機は学年誌付録の改造ゾイドハンドブック(未入手)に再現の為のレシピが載った事があるらしい。
密かに人気なのだろうか。
その際のレシピがアレな事になっていたのは一部で有名でしょう。

さて足長レッドホーンですが、ちょこっと面白い資料も。


こちらゾイドグラフィックスvol.1(冊子の方)にでてくる地友人来訪前の「緒戦」を描いた挿絵なんですが、プロトタイプだかアーリータイプだかと思われるレッドホーンが登場しています。
んでご覧の通り妙に脚が長い…。

もしかするとレッドホーン野生体はけっこう足が長くて、制式機の方が安定性などを高める為に短めに調整していて、ロングレッグ・サリーは長めに調整した機なのかも。
まあそれでも何というかサリーは長すぎると思うんですが。

さてプロトタイプだかアーリータイプだかと思われるレッドホーンですが、コックピットハッチの形状がツインホーンに似ているなーとか思いました。
武装配置は何だか洗練さが感じられない、まさに地球人来訪前といった感じがする。

この絵の全景ですが、マンモスが奮戦しています。


マンモスの方は制式機と似た姿というかほぼそのままなんですねー。

ビガザウロ、マンモス、ゴジュラスは地球人来訪前から存在した(ゴルドスは不明)。
そのうちゴジュラスは地球人来訪によって大きく姿を変えた。
言い換えればマンモスはそれほど変わらなかった(大幅な近代改修を逃した)ので、この絵は正しいと思います。

帝国軍は緒戦では大型ゾイド開発で大きく遅れをとっていた。
レッドホーンは開戦時頃から参戦が確認されるけども、おそらくこの挿絵のレッドホーンはその頃の状態だと思う。
帝国軍としては大型ゾイド開発で遅れをとったなんて思いたくないし思われたくもないので、とりあえずハリボテ状態でもいいから作るだけ作って、書類上は大型ゾイドを保有しているぞと言い張れるような状態にしたというか、そんな風に思う。

それが改良を続けて次第に性能向上して、更に地球人来訪によって我々がよく知る姿にまで改造されたのだと思います。
アーリータイプと言えばゾイドバイブルにも資料が出てくるので、ある程度はその情報も取り込みたい。
こちらは制式機にある程度というかかなり近しい感じであった。

ゾイグラ1の状態を超先行型、ゾイドバイブル版はゾイド星人が超絶努力して改良した版、キットは改良後という解釈で良いのかな。
細部のニュアンスを更に解釈しつついずれ書くことができれば良いのですが。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント