スペースサラマンダー

サラマンダーのバリエーションです。


サラマンダーEx-α
History of Zoidsや戦闘機械獣のすべてで紹介されている作例です。
「作例」とあえて書きましたが、これは具体的なストーリーには絡んでいない為です。
ただし独自の設定は付けられています。
---
サラマンダーを宇宙でも飛べるように大改造したもの。
空気のない宇宙を進むための強力なロケットエンジンが付けられ、また重力がない所では脚がいらないため取り外した。
翼には、遠く離れた敵を破壊する為の強力なフェザー光線砲がとり付けられている。
このEX-αタイプは試作型なので操縦は非常に難しく、テクニックが要求される。

---

軌道上から撃つのかな? なかなか凄い。
フェザー光線砲という設定に時代を感じるなぁ。
考えるに、「スペースコング」が開発されていた時期に本機も試作されていたのではないだろうか。
だが結果から言うと試作のみになったようである。


SFチックな改造はなかなか魅力的。カラーリングもステキです。
デカいフェザー光線砲は後のマーキュリーやバスターイーグルのようでもある。
かなり初期の頃から共和国軍は飛行ゾイドに巨砲を搭載したがっていたようですねぇ。


もういっこ。


サラマンダー高高度輸送機
小二のバトストにのみ登場しました。
コンテナ内にシールドライガーMK-IIを搭載していた。そこから考えると、やや大型化しているように思える。
地上と交信しており、必要に際してコンテナ(シールドMK-II)を投下し地上部隊を支援する運用が行われていた模様。

バトスト4巻「大氷原の戦い」では4機のサラマンダーがゴジュラスMK-IIを持ちながら空中警戒していた。
本機の運用はその発展型と言えるかもしれない。

あるいは、私は本機はチェスター教授の「空中研究所」だったのではないかと推測しています。
バトスト4巻によるとマッドサンダーの開発はサラマンダー空中研究所で行われた。3日間も飛び続け・地上との交信が完璧にとれる特製のサラマンダー。
コンテナ部分には研究所設備があるんじゃないかな。
中に入っていたのがシールドMK-IIだったというのもアヤシイ(キャノンビーム砲はマッドサンダーの主砲と同じである)。

本機はチェスター教授の空中研究所仕様として開発された。
だがその規模から高高度輸送機としても有効に運用できる可能性があった。数機程度が量産されそのように運用された…と考えたいかなーと思います。


翼が何か凄い事になってる。高高度を効率よく飛ぶためのものかな?
製造コストは更に上がっている事でしょう。

んー、サラマンダー。
改造バリエーション多いな。
だいぶ攻略したけどまだあります。

今回書いたものは姿勢をノーマルタイプからいじっています。
この姿勢を使えば新世紀の「カーゴ」も比較的容易に出来るかな…?
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント