重量更に考える

「ゾイドの重量」について、頂いたコメントを読みつつ更に考えていきたいです。
幾つかのテーマに分けて書きます。

さてゾイドは軽い。それについて、

★重力が異なっている説★
ゾイド星(惑星Zi)では重力が低いと考えれば整合性を取れます…が、これは個人的には懐疑的です。
実のところこんな資料があったりします。



極初期の頃の資料ですね。
重力が何と0.6Gとされています。
が、地球人が問題なく行動できている事からやっぱり地球と同じ1Gじゃないのかなと思います。

じゃあ上記資料は何なんだっていう事にもなるんですが、これは星が時期嵐などがあり色々と大変な場所なので、重力が変わる極地が存在するという可能性があると思いました。
(厳密に言うと地球でも南極と赤道付近を比べるとわずかに重力が違う)
最初の観測地点がたまたまその辺だったという推測ですね。
この場合、後半に書かれている「0.6Gだと大気が維持できるかが疑問だがこれは後の調査を待ちたい」も解決するかなと思います。

★tという単位が異なる説★
地球とゾイド星では1tという重さの基準が違う可能性もありますが、これも懐疑的です。
というのも「メートル」については地球と同じ基準であるようなので、単位は一律に地球基準になっていると思うのです。

ただ少し話題が逸れますが、ゾイド星においては長さにしろ重さにしろ独自の基準があるかもしれませんね。
我々はゾイドをメートルやトンで図りますが、その情報はゾイド星の情報が地球に入る段階でヘーゼルハースト宇宙言語学者等を通じて「翻訳・単位変換」が行われているのかも。


さて、本日は重量に関して新しい議題を出します。
ゾイドの重量で地球基準で考えると謎なのは、大型化してもさほど重量が増えないという点です。

10mの機体が20mになったら「長さは二倍」ですが重量は体積に依存するら2倍よりももっと重くなります。

ゾイドの重量において難しいのは大きくなってもさほど重量が変化しない点です。
全長10.73mのゲルダーは25t
全長20.8mのレッドホーンは94t
全長41.8mのマッドサンダーは585t
こう書くと順当に増えている気もしますが、よくよく考えるとおかしい。

重量は体積で求める必要があります。
例えばこのブロックがゲルダーと同じ25tとする。



ブロックをの一辺を2倍にすると…、

この通り。体積比は8倍になります。すなわち200tですね。

体積比は3乗で求められます。
2倍になれば体積は8倍に。
3倍になれば体積は27倍に。
4倍になれば体積は64倍に。


これは3倍の図。675t。

ゲルダーは10.73m、レッドホーンは20.8m。
おおむね二倍と言って良いでしょう。
という事は体積比で言うと8倍。本来ならば25t×8=200tほどである筈です。

マッドサンダーは41.8m。
ゲルダーの4倍もありますが、角の長さがかなりを占めるので本体で言うと3.5倍程度かな。
それで計算すると、1072tほどと計算できます。

むろん上記は参考値程度であります。実際は全く同じ形状ではないので変化は生じるでしょう。
ただゲルダーよりレッドホーンは装甲がおそらく分厚いし搭載する火器も大型であろうから、むしろ200tより重くなる筈。
マッドサンダーに至っては、装甲の厚さや反荷電粒子シールド等の搭載で過度に重くなる筈。
なのですが、実際は92tや585tに収まっているので、これはかなり軽いなあと思えるわけです。

形状・搭載武器・装甲の違い等を加味すればゲルダー25tに対してレッドホーン250t、マッドサンダー1500tくらいが妥当?
しかしそうはなっておらず92tや585tに収まっている。

何度か「ゾイドにはマグネッサーシステムなどで常時”体を浮かす”ような効果があり、しかも大型ゾイドの方がその力が強い。それゆえこのようになっている」との説を出しました。
その説の理由はここであります。


地球では一時期「多砲塔戦車」という概念が生まれ、そして一瞬で消えました。
名の通り、多くの砲塔を積んだ戦車です。これにより前後左右すべてを同時に撃てるようにして死角をなくす意図がありました。
強い戦車にいっぱい砲塔を積んだらもっと強くなるじゃん! っていうロマン兵器ですね。


インディペンデント重戦車。砲塔が5つもあり凄く強そうだしカッコいい。

なぜ消えたかと言うと、実際に実現しようとするとアンバランスになったからです。
砲塔を多く積むという事は大型化が避けられません。
大型化すると重量が増えるので機動力が低下します。デカくてノロいので狙い撃ちされるだけです。

機動力を確保するなら重量を軽減するしかない。重量を軽減するには砲塔を減らすか装甲を削るしかない。
「多砲塔戦車」なんだから砲塔を外す選択肢は採用できない。
ならば、もはや通常の戦車よりもペラい装甲にならざるを得ない。

大出力エンジンを積めば? というのもなかなか難しい。
そもそも戦車というのは陸上で移動させながら運用する兵器としては最大級に重い。
必然的にその時代において確保できる最高のエンジンが登載されているので、もっと重い戦車が出たから倍の出力のエンジンを付けようとはできない訳です。

こうして(この他にも多くの問題があるのだが今回は略する)、多砲塔戦車は消えていったのであった。

さてゾイドですが、今回このように考えていると「多砲塔戦車を実現できる世界」なのかなあと思いました。
「ゾイドにはマグネッサーシステムなどで常時”体を浮かす”ような効果があり、しかも大型ゾイドの方がその力が強い」とすれば、重さの問題がそもそもクリアできている。
だから十分な装甲や大型火器の搭載も可能になる。
出力に関しても「ゾイドのエネルギーに依存する」「大型ゾイドは総エネルギー量が多い」わけだから十分なものが常に得られる。

という感じで、現時点での重量への見解をまとめてみました。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント