ビッグ・バッド・ジョン

改造ディバイソンを書きました。
ヘッジホッグと共にバトスト4巻に登場していたのでセットで記憶されている方も多いでしょう。


ビッグ・バッド・ジョンです。
ディバイソンのバリエーションとしては活躍も含めて一番好きかな。

ウルトラキャノン砲を上回る86cmキャノン砲を積んだ無茶苦茶な仕様です。
大好き。

本機は資料が少なく、学年誌記事でも正面から以外のアングルが掲載されていない…。
どうも後部には何かしらの装備を背負っているように見えるのですが、詳細不明。
なので、後部はそれらしくでっち上げています。

86cm砲を持っただけかと思いきや、その他にも差がある。
17門突撃砲は大半が撤去され側面の計8門が残っているだけになったのですが、この砲の形状にやや差がある。
先端が細くやや小口径化しているように見える。
たぶん86cm砲の砲弾を積む為に内部のスペースが圧迫されていて、ノーマル状態と同じ砲(105mm)では弾が十分に積めない。
そこでやや小口径化して十分な弾数を稼いだ的な事じゃないかな。
口径は76~92mm程度と推測。


色はノーマルタイプに近いですが、黄色が良いアクセントになっていますね。


ビッグ・バッド・ジョンは、86cmキャノン砲がものすごく肉厚な造形になっているのも魅力です。
キャノン砲はある程度砲身が肉厚な方が力強さがあって良いと思う。

学年誌では「ビッグサンダー」の名前で登場した。
たぶん、サンダーが後に登場するトリケラトプス型決戦ゾイドとかぶるからバトスト4巻に際して変更になったのだろなぁ。
解釈するなら、86cmキャノン砲の通称がビッグサンダーで、ビッグサンダーを装備したディバイソンの名前がビッグ・バッド・ジョンてな感じかな。

直撃すればデスザウラーにも大穴を開けちゃう。
ただし多分近寄れるものではないだろうなぁ…。射程短そうだし、重くて運動性は下がってそうだし…。
ま、でもそんな所も魅力です。

ビッグ・バッド・ジョンの魅力は戦歴でもありますね。
チェスター教授救出作戦でパワフルに暴れまわった姿はディバイソンの絶頂期でした。

改造ディバイソンはどうも余り良い目にあう事が少ない。
ヘッジホッグはグレートサーベルに撃破されたと思えるし、ディバイソンコブラ(これも見た目だけなら大好き)もギル・ベイダーに何らダメージを与えられなかったし。
そこへきてビッグ・バッド・ジョンの戦歴はまさに燃えるものがあります。

ディバイソンの改造機は…あとはカノンフォートを背負ったダブルバイソンと先にも挙げたディバイソンコブラかな。
頑張ります。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント