レッドホーンのバリエコンプ?

レッドホーンのバリエーションを久々に。
簡易改造機ですが3種類紹介します。


レッドホーン強化タイプA


レッドホーン強化タイプB

これらは「大型ゾイド用改造セット」を使用した改造例ですね。
火力増強タイプと機動力増強タイプといった感じ。
ただレッドホーンのエネルギー総量では活動時間が低下していそうでもある。
バトストの画面では見かけたことのない仕様なので、あまり量産はされていないと思われる。


次に、

レッドホーンMK-II

強化タイプAに似ていますが、やや配置が違います。
これは学年誌にのみ登場しました。
「MK-II」という制式採用されたような名前になっていますが、実はこれは共和国軍を欺く偽の仕様であった。

本機は内部にゴーレムを搭載している。
で、共和国軍にわざと鹵獲させ、基地で解析が始まった瞬間に自爆。
中ゴーレムが飛び出して基地を内部から破壊という活躍をしました。

んー、悲しいぜレッドホーンMK-II。
フランツに破壊された自動操縦機といい、レッドホーンは何かこう捨て駒的な扱いをされる事が多い…。
まあ帝国軍としちゃあいちばん損失してももったいなくない機体だったとは思いますが。

MK-IIですが、本当にゴーレム潜入作戦のためだけにでっち上げられた仕様と思われる。
真面目にレッドホーン強化タイプとして開発した可能性は低い。なぜなら、やはりエネルギー使用量の大きい大型ビームランチャーを装備しては稼働時間の大幅低下などが避けられまい。
上に紹介した強化タイプAがバトストの画面で見かけたことがない=あまり量産はされていない事から考えるに、本仕様も同じ事が言えるだろう。
レッドホーンにエネルギー消費量の大きな砲を付けたいなら、やはりディオハリコンを装備するなどの本体側への特殊処理という下地が必要と思う。

ただしレッドホーンは決してパワーが低いわけではない。どちらかというと周囲の機体が異常にパワフルなだけである…。
ペイロードも大型ゾイド相応にある。
さすがに大型ビームランチャーを装備してはエネルギー消費がでかすぎるけど、「大型実弾砲」とかなら割と実現可能なんじゃないかな。
ビーム砲と違って発射時におけるエネルギー消費量は抑えられよう。
初期に作られたバトルホーンの発展形のようなものを作れば良かった気がする。

ただ、帝国軍は新技術を好む。早くから大型ビーム砲を開発するなど先鋭的だ。だから今更「古典的な」実弾砲を新規開発する事はあまりしたくなかったのかもしれない。
それゆえに、それをすれば理想的な強化が望めたであろうレッドホーンだが、アンバランスな改造機が作られるばかりという悲しい事態になってしまった……。


さて、レッドホーンの改造機はずいぶん描きました。たぶん今回のでひとまずコンプリートかな。
多分・・・。
ダーク・ホーン系の改造機はまだ幾つかありますが。あとバトスト以外だとまだ幾つかあるかな・・・。

ダーク・ホーン系の改造機、漫画版新世紀の最新式レールガンの機、ホビージャパンに掲載されたサンダーホーン、アーリータイプ。
んー、この辺の落穂拾いはいずれ。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント