ザ・スナイパー

サーベルタイガーの改造バリエを描きました。


ザ・スナイパーです。
生きてスナイパーを見た者は居ない
これはバトストの中でも屈指のカッコいい文だと思います。

本機ですが実は意外なところで立体化されています。


学年誌付録のペーパーモデルですね。
これがちょうど真横から見たアングルになっていたので、今回は比較的楽に再現する事ができました。

見ての通り、ゴジュラス9バリエーションの中の一機「長距離ミサイルタイプ」と一緒に立体化されています。
ライバル扱いですね。
学年誌(小一)では、この両機が対決するといった内容でした。
(残念ながら戦いが始まったところで終わってしまい結末までは描かれなかった)

こやつは当時からかっこいいなーと思って見ていました。
ライフルの作りこみや、大型砲を持っているのにスピード感は維持している感じも良い。
CPで出ないかなあ。
グレートサーベルも大好きですが、スナイパーも同じくらい魅力的だと思う。すごくカッコいい。


カラーリングも黄色の色分けが上手くエース的な雰囲気を出していると思います。
派手すぎず地味すぎず。カラーも凄く好きです。


さてさてザ・スナイパーは実はもう一機あります。それはこちら。


こちらも大型砲を背負っていますが、形がかなり違う。ただし名称はこちらもザ・スナイパーとされているのでやはり長距離狙撃砲なのだと思う。
本仕様は「小学五年生」「小学一年生」「小学生夏の本」に登場しています(このうち、夏の本に名称が記載されている)。
実は登場回数でいえば最初に紹介した方よりもこっちの方が多い。
ただしゾイドバトルストーリー1巻には残念ながら登場できなかったので現在の知名度は低いのですが…。
いやバトスト1巻にも表紙や画面の隅っこにはわずかに本機が写っていたりはしますが。



本仕様は砲撃力に加えて格闘力の向上も計られているようで、爪と牙が大型化している。
ただし後のサーベルタイガーがこのようなサイズになっていないという事は、あまり効果がなかったのかもしれない…。

あと、特見たら分かるんですがキャップがなぜか共和国側中型キャップ(サラマンダータイプ)になっている。
なんでだろ…。
こちらの方は実験機というような位置付けなのかもしれないなあ。


色はホワイトタイガーって感じでなかなかカッコ良し。
でも個人的には造形も色も最初の方のが好きかなー。
とりあえず便宜上、赤い方をザ・スナイパーI、白い方をザ・スナイパーIIとしておこう。
高速機にシャープな長身砲を付けたステキ仕様。
再現、あるいは第三のザ・スナイパーを目指されてはいかが。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント