コロコロ@8812

本日は名古屋のまんだらけでゲットしたコロコロについて紹介します。
1988年12月号です。メカ生体ゾイド、マッドサンダー無敵時代の号ですね。

ゾイドブームが加熱していた時代なので広告がたくさんありました。


この他にも、バトスト4巻の広告もありました。
キット、ゲーム、書籍が同時に展開していたとは何とも凄い事だなあと改めて思いますね。


さてさて、この頃のコロコロにはあの漫画が連載されています。
そう、特攻ゾイド少年隊です。
全体的に好評とは言い難い本作ですが、今号に掲載された話に限れば実に燃えるアツい展開があって最高です。
いわゆる神回でした。
以下紹介します。

本作は大きく分けて第一部・第二部があります。
第一部はゾイドを組んでシミュレーションマシンでスキャンしてバトルをするプラモ狂四郎型の構成なんですが、第二部では本物のゾイドを製造して主人公タケル少年が悪い奴らと実戦で戦う感じになっています。
(舞台は現代地球なんですが、まぁ、こまけぇこたぁいいんだよ!!)

今号は第二部序盤で、タケルの乗るシールドライガーVS敵側の乗るゴジュラスが戦う内容になっています。
で、繰り返しになりますが今号の展開は最高。あらゆるゾイド漫画でも1,2を争うアツい展開になっています。

~ここまでの展開~
本物のゴジュラスを造ったのだが、なんと悪い奴に乗っ取られてしまった。
町を破壊しながら暴れはじめたではないか。
しかし、ゴジュラスのコアは暴走状態にあった。
放っておけば、あと1時間程度で周囲一体ごと吹き飛んでしまう…。
コアを停止させるには、外部から強いショックを与えるしかない。
こうして、タケルはシールドライガーに乗って出撃したのであった…。
(※作中のシールドライガーは金色に塗装されているのでゴールドライガー(G・L)とも呼ばれている)


序盤は格闘戦。
シールドライガーは飛びかかるが、ゴジュラスはそれを捕捉。
テクニカルに投げ飛ばし、格闘王の実力を見せつける。


戦いは一方的な展開になる。
シールドライガーは何度も攻撃するが、その中で次第にパワーで劣る事からそもそもゴジュラスを吹き飛ばす事は無理だと知る。

正面からでは勝ち目がないと踏んだシールドライガーは、戦法を変える。
機動力を生かしていったん離脱、背後に回る。


ゴジュラスはその動きに追従できず、容易にバックをとられてしまう。
よし背面から弱点のチューブを攻撃だ。


しかし、ゴジュラスの尻尾の強烈な一撃がシールドライガーにクリーンヒット。
そう、ゴジュラスは接近戦においては死角がなかったのだ。
たとえ後方でも。
悶絶するシールドライガー。

止めを刺そうと接近するゴジュラス。
だがここで、タケルとシールドライガーを助けるべく仲間が生身で突撃。


ビルから決死のダイブでゴジュラスのコックピットに飛び乗る。
その手にはスパナなどの工具が。
生身でゴジュラスのチューブを解体する気だ。

振り払おうとするゴジュラス。
そしてまた、街を破壊された子供たちが登場。
怒りの声を上げる。


「暴れてるゴジュラスなんて嫌いだ!」
しかしその手にはゾイド・キットが握られている。
子供達はゾイドが大好きだった。
けど、そのゾイドに街を破壊されてやり場のない感情にあったのだ…。


この解説が切ない。

この間、生身で特攻した仲間はまだチューブの外し作業をしている。
振り払おうと頭をふるゴジュラス。ついに、仲間たちは落下。ああ地上に激突してしまう。


だが、子供達の声が奇跡を呼んだ。ゴジュラスが自分自身の意思を取り戻したのだ。


落下を受け止めるゴジュラス。

いやしかし、パイロットの強引な操縦でゴジュラスは再び暴れだした。
もはや、シールドライガーもボロボロだ。
だが、街を守らんとするタケルの想いがシールドライガーに再び力を与える。


シールドオープン!
(余談だがご覧の通りEシールドアタックの元祖はこのシーンだったりする)

残りのエネルギーを全て使い切ってでもゴジュラスを止める!



「無理です。失敗すればタケル君がはじけ飛んでしまいますよ!」
そう、思いだすのだ序盤の戦いを。
全力状態での突撃を、ゴジュラスは余裕をもって耐えていたじゃないか。
今の傷ついた状態で、どれだけの成功率があろうか…。

いや、タケルの想いにシールドライガーが応えた。



急激にパワーを上げる。
本来の能力を超える力さえ出している。
タケルの想いがゾイドと重なり共鳴している・・・。

そしてゴジュラスに特攻。



直撃。


正面装甲が大きくひしゃげたゴジュラスは、ようやくその身を大地に横たえた。
ようやく解決か……。
そしてまた、シールドライガーも力尽きる。


いやしかし、大ダメージを追いつつもゴジュラスはまだ生きていた。



そ、そんなまさか。
何というタフさだ。
シールドライガーは力を使い果たし起き上がる事さえできない。



シールドライガーを踏み潰し再び街を破壊せんと迫るゴジュラス。
しかしここで、再び少年達がゴジュラスの前に出た。



やめてくれゴジュラス。ゾイドは僕たちの夢なんだ。お願いだゴジュラス、夢を壊さないで!!

動きを止めるゴジュラス。

「邪魔をするなガキどもめ」
またも強引な操縦でゴジュラスを動かそうとするパイロット。
だが少年達の思いを受け、ゴジュラスはそれにあらがった。
そして選んだ道は…、


自壊。
こうしてゴジュラスは完全に停止し、街はそれ以上の被害を免れたのだった…。


というのが今号ですが、いやー、色んな要素があって良いですね。改めて最高。
作画も本話は他の話に比べてとても良い感じ。
やっぱりゴジュラスVSシールドライガーに注目しちゃうんですが、これって凄く理想的というか、両者とも活き活きしていていいなーと思います。
格闘王・驚異的なパワーとタフネスを持つゴジュラスが存分に描かれています。
そしてシールドライガー側は機動力を生かして容易にバックを取る所が描かれている。しかしパワー差から決定力がなく、耐久力もないため撃破は困難を極める…。

特攻ゾイド少年隊の他の話は、最後にはシールドライガーがスペシャルアタックを決めて大勝利というものが大半ですが、本話は唯一だけ主人公が独力では勝利できなかった話でもあります。
主人公とシールドライガーが共鳴した特攻を受けてもなお倒れなかったゴジュラスは脅威としか言いようがない。
元気玉くらっても生きてたフリーザ様くらい恐怖です。

シールドライガーのピンチを受けて動く仲間達もアツいですね。生身で特攻するのは凄すぎですけども…。
うーん、これってバトストでいつも頑張ってる兵士の描写へのリスペクト・・・なのか?

主人公と通じ合い想定以上の力を出すシールドライガー。
少年達の思いを受けてパイロットの操縦を振り切り自身の感情を取り戻すゴジュラス。
こうした描写も良いですね。
ゾイドを好きな少年の気持ちが最終的な事件解決の決め手となった。しかしそれはゴジュラスの自壊という切ないものでもあった。
この、ほろ苦さも良いと思います。


特攻ゾイド少年隊は全二巻で単行本化されています。本エピソードは第二巻に収録されています。
相場的には二巻セットで2100円くらいの事が多いかな…?
まんだらけ等に行けば発見は比較的容易です。
気になる方はチェックされてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント