真っ二つにされます

サラマンダーのバリエーション。
今日のは割と有名かと思います。

ランフォリンクス

アロザウラーを輸送するやつです。


50機のランフォリンクスが一夜にして100機のアロザウラーを輸送した事もある。
との事なので、改造機としては破格の数が生産されているようだ。
・・・というより、「改造」ではなくキャリアーユニットを付けた応急的な仕様と思われる。
輸送作戦を終えれたらば、再びノーマルタイプに戻るのだろう。

本仕様はミサイルや翼のレーザー砲を撤去しています。武装を撤去しなきゃさすがに運べないか。
アロザウラーは二機で124tもある!
すごいなサラマンダー。よくもまあ飛べるもんだ。
かのB-29でも爆弾搭載量は9t、B-52でも無茶して積んで24tくらいが限界。
うーんサラマンダー恐るべし。

ところで、このような仕様が作られているというのはいかにアロザウラーがこの時代の主力歩兵化という事でもある。
そんなアロザウラーもベアファイターNEWが登場してからは配備数を徐々に減らしてしまったのですが。
んー、ランフォリンクスはベアファイターも運べるかな?
アロザウラーより軽いので重量的にはOKな筈ですが。

それにしても、100t越の重量物を運べるのはやっぱり凄い。
サラマンダーを遥かに超えるデスバードやギルベイダーって・・・凄すぎ。一機だけで戦争に勝てちゃいそう…。

で、ランフォリンクスといったらもう一機紹介しなきゃならないのがこちらです。

ガブリエーレ

ゴジュラスの腕を付けちゃった仕様。
ちょっとゴジュラスの腕がゴツくてアンバランスです。
ジェノザウラーくらいの腕だとちょうど良かったんじゃないかな。この時代にはなかったし敵軍ですけども…。
ゴジュラスの腕はそのまま漬けているのではなく、デスザウラーのように横に倒して付けていますね。


ビームガンなんか持っちゃってる。
本機は奇襲作戦の教科書と謳われたロバーツ大佐の愛機であった。
しかし奇襲するのは上手いが奇襲されると弱かった…。

バトストで本機はまさに真っ二つに切り裂かれています。
CGのなかった時代。豪快にキットを切り裂いた写真に衝撃を受けた方も多いのでは。

そんな感じでサラマンダーのバリエーションでした。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント