グリフォン



ゴジュラス9バリエーション、「バトロイド」
9バリエーションの中でも特に凄まじい印象を残したであろう本仕様を描いてみました。
線画として装備を換装している程度なのであまり難度は高くありませんでしたが、うん、やっぱり凄いなこの仕様は。


色が何とも機動戦士を連想させますな。今では絶対に掲載できない改造だと思います。
白ではなく銀色なので、クローバーのトイ版と言ったほうがより正確か……。
それにしても塗りわけが異様に細かく再現に苦労しました。

とりあえず性能面を言うと、背部ユニットには5発の飛行用エンジンが付いている。
元々からあるロケットエンジンを加えれば、合計7発にもなる。
この大推力で強引にゴジュラスの巨体を浮かし飛ばすことが出来る。
一応、可変式の翼も付いている。あと、尻尾でバランスをとるらしい。だが安定性には「アルバトロス」等と比べてやや劣るらしい。

腕は……人型風になっています。
ああそうそう、線画を描く際に微妙にポーズに困りました。
下にダランと下げるとかっこ悪いし、前に伸ばしてもアレだしなぁと思って今のポーズにしたわけですが、なんか気合を入れてるポーズっぽくなってしまった…。

腕は人型になった。ジャイアントバズ・・・いやいやロケットランチャーを空から発射します。
格闘戦は弱くなっていそう。
空からの射撃に特化した仕様と言えよう。
しかしなぁ、サラマンダーでさえ撃ち落されるのに…、バトロイドで上空に行っても良い結果は出ない気がするのだけど・・・・。


槍と盾は描いていません。ちっちゃ!

9バリエーションの中では、ベン・ハーと同じく”当て馬”的な改造プランと推測します。
本仕様は、学年誌においては極初期に開発されています。
なので、アーリータイプ版も存在すると推測します。


地球人来訪当初においては、「恐竜」をその能力を活かして改造するより、「人型」的な方向で調整した方が操縦しやすいし性能も良くなるだろうと思われたのかも。
しかし後にゾイド本来の能力を活かした改造の方が良いと分かり、このような方向の改造は廃れた…。

9バリエーション…対アイアンコング用強化改造が指示された際は、他の開発で忙しかったので、本音を言えば辞退したかった。
だが断るわけにも行かなかったので、最低限の改修をしたものを提出したのであった…。
みたいなものを推測します。

なおトンデモにも思える本仕様ですが、巨体を飛行させる背中のユニットは凄い技術です。
7発のエンジンの大推力で強引に浮かす仕様…、これはいかにも共和国的だ。後のマッドジェット等にも通じます。
強力なエンジンを開発できる力をもって様々なゾイド開発に貢献しただろうと思います。

ところで、学年誌では本機は幾つかの呼称を持っています。
「バトロイド」「フライングゴジュラス」「グリフォン」です。
個人的には、フライングゴジュラスは名前というより状態を指しているものなので除外。
バトロイドはバトスト1巻で9バリエーションとして紹介された際にそう呼ばれているのでその状態の名称。
グリフォンはアーリータイプ版で製作された状態と考えたいと思います。

9バリエーションは現在、長距離キャノン砲、ベン・ハー、バリアント、ドリルダート、バトロイドを制覇。
ようやく後半戦。残りはバンカー(重防御)、モンスーン(高速)、アルバトロス(飛行)、ウォーリアー(ノコギリ)です。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント