移・動・要・塞

グスタフは、標準タイプでは武器を装備していないので、戦闘ゾイドとの戦力比較はできない。
十台いても、百台いても戦闘ゾイドに勝つ事はできないだろう。
しかし、厚い装甲で守られ高い防御能力を持つので、戦場で生き残る確率は戦闘ゾイドより高い。
後部のトレーラーに武器を装備すれば、強力な戦闘ゾイドに生まれ変わるだろう。

-バトルストーリー1巻、戦力比較表より-

さて、「後部のトレーラーに武器を装備すれば、強力な戦闘ゾイドに生まれ変わるだろう」との事ですが、現在までに実現してはいない。
やはりグスタフは野生体の気質の問題から戦闘ゾイドとしての運用が難しいのだろう。

ただし、共和国軍は割と積極的に戦闘ゾイド化のための転用を試みています。
今回は、幾つかある戦闘用グスタフの中でも最も本格的に改造されたものです。



フォート・グスタフ
名前が示す通り、まさに移動要塞と呼ぶにふさわしい超武装を誇る。
開発時期はZAC2034。
グスタフが就役したのも同年。共和国軍は、さっそくグスタフを戦闘用に改造する試みをしたようだ。


それにしても凄い仕様。
全身武器の固まりです。
本仕様は学年誌のみの登場で、なおかつ側面からの写真がなかったので分からない部分は自己解釈をしつつ描きました。
ただおおまかには再現できていると思います。

共和国軍は、こいつの他にも戦闘用グスタフを試作している。


上のは箱裏の「移動トーチカ」と呼ばれる仕様。
移動トーチカもなかなかの重武装ぶりですが、フォート・グスタフはまさに積載量ギリギリにまで武器を満載していて凄い。
ミサイルはあるし大型砲はあるし列車砲みたいなのまであるし・・・。

総合火力でいえばウルトラザウルスにも匹敵するんじゃないかな。
ゴジュラスMK-IIやアイアンコングよりも上だと思う…。

しかし結果として活躍していない事から考えるに、やはり成功とは言い難かったのだろう。
ここまでのものを作っておいて戦闘用にできなかったというのは惜しい。
ただし、本機の経験が後のゾイドの武装などに活かされている可能性は高い。
開発はZAC2034なので、この時期といえばゴジュラスMK-IIが開発されていた最中です。
(オギータ版の完成がZAC2033年で、そこから制式版MK-IIにするべくブラッシュアップをしていた時期)
キャノン砲をはじめ諸々の装備に影響を与えた可能性も。

そんな感じで凄まじい仕様のグスタフでした。
共和国軍が思い描く理想的な完成を得ていれば、戦況を変えていたほどの機体だろうなあ・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント