ウルトラ

今日はウルトラザウルスを二種類。


ヘリック大統領専用機

バトスト3巻にも登場した大統領専用機です。
通信設備が向上している…のかな?
全軍に指示を与えるヘリックの上記として相応しいと思う。


色はノーマルに近いがその中で豪華さがあり良い。
なお本機はヘリック大統領専用機であるが「偽ヘリック専用機」でもある。
なのである程度の数が生産されている。
たぶん本物のヘリック専用機と偽ヘリック専用機に外観的な違いは一切ない。
だが内装などの豪華さではある程度の差があるとも思います。

ところで本機の背部通信設備ですがややアレンジしています。
アレンジというか、やや後方に移動させています。
というのも装備をバトストの写真から判断して正確な位置に付けると「ウルトラの首が起こせない」事が判明したからです。
前に倒した状態なら良いのですが、首を起こすと干渉しちゃうんですね。
バトスト3巻を確認していただければ、本機は常に「首を前に倒して」写っている事が分かると思います。
これはどうなのかなあと思い、首を起こせる位置にまで修正したわけです。




空母型ウルトラザウルス

フロレシオ海海戦に登場したタイプですね。
ウルトラザウルスはノーマルタイプからして航空戦艦だと思います。
本仕様は空母機能を更に強化。
キャノン砲を減らしてまで飛行甲板を大きくしている。
ただ半減させたとはいえキャノン砲は残しているので、純粋な空母とは言い難い。それでも空母寄り航空戦艦になった感じかな。


プテラスを10機搭載可能との事ですが、んー、ちと無理そうな気もするぞ。
可能性としては、分解したプテラスを搭載して組み立て後に発艦させるという事かな。「伊400」に搭載した晴嵐のような。
分解状態で10機分を搭載して組み立てて飛ばす…。それでもちょっとスペースが足りない気もするけど。

あるいは洋上基地として運用するつもりだったのかな。
陸上基地から出撃したプテラスが海上の本機に着艦。補給を受けた後に再度出撃するというような。
本機にはプテラス10機を完璧に補給するだけの資材を積んでいる…。

それにしてもウルトラザウルスの改造バリエはけっこう控え目なのが多いなあという印象。
いや…ゴジュラスやマッドサンダーが超改造すぎるだけのような気もしますが…。
改造バリエも一見するとノーマル機に近い印象を受ける地味さもまたウルトラの魅力です。

ただし新世紀では超改造がされていますね。1200mm砲装備型といいキャリアーといい。
旧大戦末期の超改造機の各種を受けて、この時代にはウルトラにも大胆な加増が出来るようになったという事だろうなあ。
1200mm砲はいつか描いてみたいものです。
もちろん随伴するゴジュラスも。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント