火を吐くカエル

久々に共和国機以外を描きました。


ファイヤーフロッグ。
暗黒軍特殊兵器開発局で試作された局地戦用特殊ゾイド。
生産数は1です。

小二のバトストで登場。新バトストでも機体紹介のみされていますね。


色がまぁ、カエルそのまんまやんけ! という感じなんですけど…、試作機だからなのか全身ディオハリコンなのか…。
デザインは意図的に幾つかアレンジしています。
特に砲は大きく変えました。
例えば赤い連装砲は本来はウルトラザウルスのキャノン砲基部に付いている対空砲なんですが、共和国側のしかも小威力の砲なのはどうよと思ったので変えたわけです。

しかし最初に見た時は割とキワモノに見えたんですが、今見ると結構ゾイドとしてよくまとまっているなぁと思います。


制式採用されていたらこんな感じだったのかな?
ファイヤーフロッグですが、おそらく暗黒大陸の険しい地形を走破すべくジャンプ力がある=高い機動力を確保できるカエルが検討されたのだと思われる。
しかしジーク・ドーベルやガル・タイガーの方が良いと判断されたのだと推測しています。

性能面もですが、ファイヤーフロッグは大型だからコスト面でも圧迫したのかも。
暗黒軍の国力ではデッド・ボーダーやダーク・ホーンの生産を維持するだけで結構いっぱいいっぱいだろうし。

小二で登場したファイヤーフロッグですが、実はこちらのゾイドは「ゾイドデザインコンテスト」の最優秀作品を立体化したものです。
「第三勢力”暗黒軍”が本格参戦した! そこで新しい暗黒メカのアイデアをぜひ寄せてほしい」
というキャンペーンが学年誌・てれびくん・コロコロで行われました。
小二部門で最優秀を得たのがファイヤーフロッグでした。
商品化こそされなかったものの、きちんと立体化されてバトストに登場したわけですね。

元となったイラストはこちら。

立体はなかなかの再現度ですね。

ファイヤーフロッグは立体としてはデッド・ボーダーとゴーレムのパーツをミックスして作られていますが、タルボサウルスとゴリラを合成してカエルを作るという発想の凄さよ。

ところで本機は「暗黒大陸に上陸したマッドサンダーを倒す」という目的で運用されました。
火山地帯に誘導して見事にマッドサンダーを含む共和国部隊をマグマに突き落としています。

さてファイヤーフロッグはアイデアコンテストから生まれたゾイドですが、最優秀賞の景品は「ゴールドメッキ・マッドサンダー」でした。
当時の少年はこの景品が欲しくて必死にゾイドデザインを考えて応募したものよ…。
しかしなんていうか、金メッキのマッドサンダーが欲しくてアイデアコンテストに応募して、大賞作品はマッドサンダーを倒すゾイドとして運用されるのだから、なんだか凄いシビアだなと思いますねえ・・・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント