最大積載量

サラマンダーの最大積載量はどれ位だろう。
重爆撃機なので、かなりのものだと思います。
しかし具体的には公表されていない。
今日はこれをちょっと考えたいです。

改造タイプのランフォリンクスはアロザウラー×2を載せて飛べる。
アロザウラー62t×2=124t

同じく改造タイプのサラマンダーカーゴはガンブラスターを運んだ。
ガンブラスター=125t

そのほか、学年誌のみの登場ですがサラマンダーVなる改造サラマンダーはグレートサーベル重砲タイプを持ち上げている。

重砲タイプですが、グレートサーベル90tに大型砲が乗っているので95t程度かな?
これを持ち上げています。
サラマンダーVは翼面などを強化した強化タイプです。

この辺りから考えると…、改造して輸送に最適化した状態にすれば、125t程度が限界積載量という事だと思いました。
ノーマルタイプは125tよりは幾らか低いと思われる。

そういえば、4機のサラマンダーがゴジュラスや同MK-IIを輸送した事もあった。
(ゾイドゴジュラス秘密指令および大氷原の戦い)
ゴジュラスMK-IIは287tなので、一機あたりが負担した重量は単純計算すると71.75t。
ただし4機で一個の荷物を運ぶというのは荷物が揺れるし不安定であろう。
だから限界ギリギリで飛んだというより多少の余裕をもって飛んだと思う。

サラマンダーの搭載量は、改造し輸送に最適化すれば125t程度。
ノーマルタイプなら80t程度かなあ。

かのB-29は最大搭載量が9tです。
こう思うとサラマンダーは凄いなあと思う。

ただ現代の兵器で考えると、米軍の巨大爆撃機B-1は56.7tも搭載できます。
燃料を減らせば更に積めるだろう(このクラスの爆撃機は燃料を100t以上積むのだ)。
B-1はA型でM2.2の高速を誇る。
この辺から考えると、サラマンダーの搭載量は割と現実的なのかもしれないなあ。


ギル・ベイダーはサラマンダー以上の搭載量がありますが、どれ位だろう。
ノーマルタイプのギル・ベイダーは改造マッドサンダー「サンダーヘルクレス」を持ち上げた事があります。
サンダーヘルクレスは背中に分厚い装甲が追加されているので600t以上あるんじゃないかな…。


ところでこの戦法はおそらく「高所から落下させる事でマッドサンダーを破壊する」計画じゃないかな。
・・・ワシはカメを食べる時、自身のクチバシや爪では甲羅を突破できない。だから高所から岩めがけて落とす。甲羅を割れたところで食べるそうだ。

ゾイドでも「ケンタウロス」がデスドッグもろとも高所から落下した際はバラバラになっていたし、こういう戦法は有効なのかもしれない。
ただ、この作戦は失敗している。サンダーヘルクレスは飛行可能なタイプだったのである。
落下中に翼を展開したサンダーヘルクレスは反撃を開始した…。


まぁ、戦法やサンダーヘルクレスはさて置き。

ギル・ベイダーはさすがの搭載量がありそうだ。サラマンダーよりはるかに高い。
ただし、この例をもって搭載量を600tとするのはちょっと違うかなーと思います。
爆撃にしろ輸送にしろ目的は「敵地まで積載物を運ぶ」事なので、それを達成する量が搭載量とすべきです。
分かりやすく言うと、「ハイキングに行く」時に常時携行できる限界重量と、「とにかく一瞬でもいいから持ち上げればいい」場合の限界重量では随分と差があるでしょう。
爆撃機や輸送機における搭載量とは「目的を達する」という前提があっての量であります。

んー・・・、何となくですが、個人的には250tくらいかなあと思っています。
暗黒大陸-中央大陸を無補給で横断できる航続距離と、サラマンダー4機分の搭載量…。
大体この位がバランスが良い?

ギルは爆装しつつ暗黒大陸-中央大陸を無補給で横断できる航続距離を持っていますが、いちど学年誌では近海まで潜水空母で運んでもらった事があります。
また攻撃終了後には直ちに潜水空母に引き返していた。
この時はたぶん本来の搭載量を大きく超える量…それこそ本当に600t近い量を持って中央大陸を攻撃していたのかも。

そんな感じで積載量を少し考えてみました。
色んな資料を照らし合わせつつ、プテラスやレドラーの積載量もゆくゆく考えたい。
スポンサーサイト
プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント