水陸両用

ゴジュラスの改造バリエ

History of Zoidsに登場する「水陸両用仕様」です。

背中にシュノーケルを、尾部先端にヒレのような装備を付けています。
その他武装配置がわずかに変わっています(尾部先端の砲が付け根に、付け根の砲が背中に移動した)。

シュノーケルはおそらく伸びるんじゃないかな。
これを水面に出して空気を得るとすれば、現在のものでは短い気がする。
しかしシュノーケルという事から考えて、「水陸両用仕様」というものものしい名前ですが、実質的に言えば「渡河仕様」といった感じじゃないだろうか。


迷彩がすごい事になっていて塗るのが大変でした。

なお本仕様はなぜかJr.ゾイド版ゴジュラスのパッケージに登場しています。


何故ここで使われているかは謎…。

実はトミーのお気に入り改造バリエとか?

さて渡河仕様といえば、戦車の多くも「潜水キット」を装着する事で橋がない所でも川を渡る能力を得る事ができるそうです。
日本の74式、90式戦車もキットを付けて2m程度にまで潜れるらしい。
ヨーロッパの方に行くと深い河が多いので4m程度の深さでも大丈夫なものも多いそうです。

いやしかしそれらはせいぜい対応できる限界が2mとか4mなので、20m級の高さのゴジュラスにシュノーケルを付けているというのは凄いなぁ。
この高さがあればたいていの河川はノーマルのままで渡れそうなんですが。

んー・・・、いや、もしかすると川じゃなく海での運用を想定しているのかな・・・?
ウルトラザウルス完成前の時期において、海戦に対応させようとした仕様だったりして。
あるいは、中央大陸周辺の島々に自力で移動するための仕様。
(通常は輸送船などで運んでもらう必要があるので手間だろう)

デスザウラーはバトスト3巻を見ていると海上航行力も(ウルトラザウルスなどと比べると甚だ劣るものの)あるようなので、似た体形をしたゴジュラスもある程度の距離ならば航行できるのかもしれない。そしてその能力を少しUPさせたのが本仕様なのかも。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント