先行型ジェノザウラー

先の記事で出したライガーゼロパンツァー初期型と思われるデザイン画ですが、なんてこったいこの画はファンブック2巻にも載っていた模様です。
こんな超有名な所に載っていたとは。
新世紀は本当に認識が甘いので読み返してどんどん体感していかねばなーと反省しきりです。


しかし「初期型」「試作」「先行型」といったものは面白いですね。そこを妄想の突破口にできるし良いものだと思います。
今回は、ジェノザウラーの「尻尾が開く」タイプを描いてみました。これはおそらく最も有名な試作型と思います。
キット版とあわせて。



上から、開発中、リッツ機、キット版です。
開発中のものはキャップがシールドライガータイプですね。その後、新型キャップになった。

尻尾の放熱ギミックは心待ちにしていたユーザーも多かったと思います。アニメでも印象的に描かれていたし。
私は次世代ワールドホビーフェアで先行販売されていたのを買って、かなりワクワクしながら組み立てたら「開かん・・・??」となってガッカリしたのをよく覚えています。
その後、HMMやリボルテックやZAでようやく開くギミックが実現したのは嬉しいことでした。



キットのもの(開かない)は、あれで正解なのか省略されただけかというのは解釈の分かれる所だと思います。
現在のところ個人的にはキットのもの(開かない)はOSレベルを落とした量産機仕様…だと解釈しています。
試作型のものはバトストだとリッツが乗っていますね。これはOSレベルの高い先行型と解釈しています。

バトストでリッツが後に乗った「ジェノブレイカー」は尻尾が量産機と同じ形に改められています。
ここからジェノブレイカーを想像すると…、先行型のジェノザウラーは荷電粒子砲の威力が凄く高いのだが機体にかかる負荷が大きすぎたので後に出力を下げられた。
(要するに同クラスの機体を撃破できる程度の威力があれば良い。ゴジュラスは一撃でとはいかないようだけども配備数の少ない同機は対応が必須でない)
出力を下げたことから尻尾の大掛かりな廃熱口も不要になった。ブレイカーは改造時に「ついで」にここも改められた……という感じに想像しています。

いやしかし近年のHMMやZAのジェノブレイカーは「開く」ようになっているから、やはり別の解釈をするべきなのかも…とも思っています。
バトストでのリッツの狂気を見るに「合理的だが威力を下げる」ような改装を了承したかどうかも怪しいしなぁ。
なかなかかに悩ましい問題だと思いますが、皆様の解釈はいかがでしょうか。
いずれにしても、試作型の存在も含めて魅力的な機体ですね。
スポンサーサイト



プロフィール

三式

Author:三式
>HP(本家)はこちら
>掲示板

コメントはお気軽に!
コメントは
 @初めましての方も大歓迎
 @関係ない話題でもOK
 @但し宣伝のみ等はNG
 @名乗って頂けると嬉しい
という感じでお願いします。

リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
新着記事
最新コメント